民事信託を司法書士や弁護士からサポートを受けた場合に報酬は発生するのか

民事信託は、弁護士などの専門家でなければ、信用できる家族や親族、または法人が受託者になることができます。

基本的に1番信用できる家族などが受託者になるケースが多いため、このことから民事信託は「家族信託」とも呼ばれているのです。

ですが、民事信託に専門知識を持っていない家族が、受託者になるのはあまり現実的ではないとの話もあります。

続きを読む

民事信託の受託者には法人を選ぶことも可能なのか

民事信託は、生前に財産管理や遺産承継を家族などに任せることを指します。

その受託者は、専門家はなることは基本的にできませんが、法人が受託者になることはできるのです。

なので、家族に誰も受託者がいないなどといった場合であっても法人を受託者にするという手段もあるのです。

続きを読む

生前から財産管理を備えることができる民事信託について。受託者には報酬が発生するのか

財産を所有している者が高齢で、死後にその財産の管理をどうするか、または誰に財産の管理をお願いするかなど、高齢に伴いその後を考える方、またはその家族もいるかと思います。

もし、財産の管理について考えているのであれば、そのひとつの手段として「民事信託」という手段をおすすめします。

続きを読む

遺産は寄付することもできる?相続人の理解なく財産を寄付された場合、遺留分は認められるのか

遺留分とは、被相続人が亡くなり残された家族の生活を保障するための制度で、相続人が最低限取得できる遺産とされています。

遺留分の問題として、被相続人の遺言書による相続人の間での不平等な遺産の分け方に遺留分侵害額請求を行使されるケースが多いですが、この相続人との間だけにしか遺留分侵害額請求は行使することが出来ないというわけではないのです。

続きを読む

遺留分はなぜ兄弟や姉妹は認められない?遺産を受け取れる相続人の優先順位とは

遺留分を認められている相続人と、認められていない相続人が存在しますが、その違いと何を基準に相続人の優先順位が決められているのか、疑問に思っている人もいるかと思います。

特に、被相続人の兄弟や姉妹は近い存在に感じがちだがなぜ遺留分として認められていないのか?

相続人の優先順位などを理解しておくと、遺産相続トラブルを防げるかもしれません。

続きを読む

相続人の遺留分を超える遺産の侵害は請求することができる

遺産相続を行う際に、被相続人が遺言書を残すか残さないかで、遺産相続の流れは変わってくるのです。

なんのトラブルもなく、スムーズに相続手続きが完了できれば良いのですが、相続人本人だけではなく、他の相続人も関与する場合や話し合いが上手くまとまらないという場合もありますのでなかなか上手く相続手続きは進まないものです。

続きを読む

相続人には最低限の遺産を取得する権利がある?その遺留分の割合とは

トラブルが多い遺産相続問題ですが、遺言書が残されても残されていなくても、遺産相続でのトラブルが起こってしまうのです。

もし、被相続人が遺言書を残し、相続人がその遺言書に対して納得のいかない内容であった場合、泣き寝入りするのは勿体ないです。

兄弟・姉妹を除く法定相続人には、遺留分侵害額請求で最低限取得できる遺産を取り戻すことができます。

続きを読む

相続人が取得できる遺産とは?遺留分について

被相続人が遺言書を残したことにより、相続人であるにもかかわらず取得できる遺産を貰うことができなかった場合にその遺産を取り返すことができることをご存知でしょうか?

法定相続人が取得できる遺産を「遺留分」といいます。

遺言書が残されていると、遺言内容を実現する義務があるので、法定相続よりも遺言書が強くなってしまうのです。

ただ、法定相続人の権利も保護できるため、遺留分は法律にて定められているのです。

続きを読む

遺産整理の際に必要な委任状とは?契約書とは別?

遺産整理業務を手続きする時間が取れない、何をすればいいか分からないといった何らかの事情で専門家などに依頼するケースが増えてきています。

専門家に依頼すると、まず相談から入り、その後契約を交わします。

契約を交わした後に委任状などの必要な書類を提出し、費用を払うという流れになります。

委任状とは、相続手続きにおいて必要な書類のひとつになります。

続きを読む

遺産整理業務を依頼できるのは国家資格を持つ専門家だけなのか?

遺産や相続について関与している主な専門家は弁護士や税理士や司法書士、行政書士ですが、この専門家の他にも相続に関与する様々な専門家がいます。

相続に関する資格には、国家資格と民間資格に分けられます。

では、国家資格と民間資格の違いとはどのような部分になるのでしょう?相続に関してできる業務というのも国家資格と民間資格では大きく変わってきます。

続きを読む