相続税を遺産で払うことができない場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

親族が亡くなって遺産を相続した時に発生するのが、相続税です。

中には、この相続税を払えないというケースもあります。

今回は、相続税が払えない時にどうしたらいいのかというお話をしていきます。

・遺産相続には税金がかかる

親族が亡くなった時、故人の財産を引き継ぐ遺産相続がありますが、遺産を引き継いだ場合、その遺産に対して相続税という税金がかかります。

相続税には基礎控除というものがあって、この基礎控除額を超える額の遺産を相続した場合に税金を支払うことになっています。

つまり、故人が遺産を多く残せば、その分相続税は高くなるということになります。

・相続税を払えない場合

相続税の税率は10%から55%で、決して低い額ではありません。

故人が残した遺産のうち現金よりも不動産などが多かった場合、すぐに現金化できないため、相続税を払うことが難しいというケースもあります。

他にも、相続した不動産を処分したくない、相続した財産が文化財などで処分できない、遺産分割協議が期限である10カ月以内にまとまらないなど、相続税を払えない原因はいくつかあります。

もしも相続税を払うことができない場合、延滞税や加算税などの罰則が課せられます。

更に、脱税とみなされて逮捕されてしまうことにもなりかねません。

相続税を払えない場合、相続する権利を放棄する「相続放棄」という方法があります。

相続放棄の手続きは自分が相続人であると知った日から3カ月以内に行わなければなりません。

他に、相続税を5年から20年にわたって分割払いをする「延納」(利子税がかかる)や、不動産・株式等をそのまま納める「物納」などの方法があります。

・相続税を遺産で払うことができない場合

相続した不動産などの財産を処分できない場合や処分をしたくない場合のもうひとつの方法が、相続した遺産を担保にしてお金を借り入れる方法です。

遺産を相続したものの、その遺産が現金でない場合は、自分自身の現金で税金を支払うことになります。

この時に、相続した財産を担保として金融機関から資金を借り入れるのです。

金融機関が相続税納税のために用意しているローンは、延滞税・利子税よりも低い金利のことが多いので、上手に利用しましょう。

遺産の内容によっては、このように相続税を支払うことができないというケースも少なくありません。

親族が亡くなって遺産相続のことを考える際には、相続税のこともきちんと頭に入れておくようにしましょう。

どうしても困ってしまったら、専門家に相談するのもひとつの方法です。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。