遺産分割

遺産分割調停の呼び出し期日に行けない!無視しても大丈夫?

遺産の相続人が複数存在し、その遺産の分配において協議がまとまらない倍は、遺産分割調停が行われます。遺産分割調停は、相続人の1人でも申し立てをすれば、全員での調停が行われることになり、家庭裁判所で調停が行われます。

実際の調停は、相続人が集まって調停員を交えた話し合いが行われる、というものではなく、相続人同士は顔を合わせることなく、相続人・調停委員・裁判官の3者での話し合いが何度か繰り返されます。

続きを読む

遺産分割協議に時効はあるの?やり直しになることは?

権利の中には時効によって権利が失効してしまうものもあります。

しかし、遺産分割協議の内容には時効はありませんので、どれだけ時間がたっても請求することができます。

また、何十年も前のものだからといって、遺産分割協議がやり直しになるようなこともありません。

権利が失われないため、相続人にとってはメリットがあるように思われますが、場合によっては終わったと思われた遺産分割が再び蒸し返されることになるので、注意する必要もあります。

続きを読む

遺産分割の審判に従わない時は強制執行も可能

遺産は相続人が受け取るものですが、遺産の内容によってはお金を支払ったり土地を立ち退いたりする必要が生じることがあります。(遺産分割の強制執行)

例えば、3000万円の土地家屋と、1000万円の預金が遺産として存在し、それを2人で均等に分ける場合、土地家屋を売却して2000万円ずつ受け取る方法と、ひとりが土地家屋を相続して、もうひとりの相続人に1000万円を支払うことで均等にすることもあります。

続きを読む