遺産分割

遺産分割や相続で大切な遺産分割協議。話し合いに応じない相続人がいる場合の対処とは?

被相続人が、遺言書を残した場合と残さなかった場合で遺産相続の流れは変わってきます。

もし、遺言書が残されていなかった場合、残された相続人は全員で遺産をどのように相続人全員で分けるのか話し合いにて決めなければなりません。

この相続人全員で遺産を分ける話し合いをすることを「遺産分割協議」と言います。

では、どのようにして遺産分割協議を行っていくのでしょう?

続きを読む

生命保険も遺産分割協議書に記載すべき?特別受益として計算される場合も

遺産相続を計算するときに、生命保険の扱いがよくわからないという方も多いでしょう。

遺産の扱いとなれば遺産分割協議書に関係してきますが、相続の対象とならない場合は不要です。

また、遺産分割の際に特別受益にあたるのかは、受け取る金額に大きな差が出るので気になるでしょう。

生命保険を遺産分割協議書に記載すべきかなのかや、特別受益との関係性についてまとめました。

続きを読む

生前贈与の遺産分割は?時効や特別受益に当たる場合などを詳しく解説!

生前贈与は、遺産分割の話し合いのときに、揉めることが多くあります。

知らずに受け取ってしまったことが、相続で自己の不利益となる可能性もあるのです。

生前贈与が特別受益に当てはまるのかや特別受益の場合の遺産の振り分け、時効などについて、知識を深めておきましょう。

続きを読む

遺産分割調停には代理人を立てられる?家族は?出席できない場合の対策!

遺産分割調停は、話し合いなどで遺産の割り振りが進まなかったときに行われます。

遺産相続人と話し合った結果、まとまらずにもめてしまった場合などの際に利用しますが、裁判所が遠かったり、病気で行けなかったりすることもあるでしょう。

ここでは、遺産分割調停に代理人を立てることができるのかや出席が難しい場合の対策について、ご紹介していきます。

続きを読む

遺産分割調停の呼び出し期日に行けない!無視しても大丈夫?

遺産の相続人が複数存在し、その遺産の分配において協議がまとまらない倍は、遺産分割調停が行われます。遺産分割調停は、相続人の1人でも申し立てをすれば、全員での調停が行われることになり、家庭裁判所で調停が行われます。

実際の調停は、相続人が集まって調停員を交えた話し合いが行われる、というものではなく、相続人同士は顔を合わせることなく、相続人・調停委員・裁判官の3者での話し合いが何度か繰り返されます。

続きを読む

遺産分割協議に時効はあるの?やり直しになることは?

権利の中には時効によって権利が失効してしまうものもあります。

しかし、遺産分割協議の内容には時効はありませんので、どれだけ時間がたっても請求することができます。

また、何十年も前のものだからといって、遺産分割協議がやり直しになるようなこともありません。

権利が失われないため、相続人にとってはメリットがあるように思われますが、場合によっては終わったと思われた遺産分割が再び蒸し返されることになるので、注意する必要もあります。

続きを読む

遺産分割の審判に従わない時は強制執行も可能

遺産は相続人が受け取るものですが、遺産の内容によってはお金を支払ったり土地を立ち退いたりする必要が生じることがあります。(遺産分割の強制執行)

例えば、3000万円の土地家屋と、1000万円の預金が遺産として存在し、それを2人で均等に分ける場合、土地家屋を売却して2000万円ずつ受け取る方法と、ひとりが土地家屋を相続して、もうひとりの相続人に1000万円を支払うことで均等にすることもあります。

続きを読む