生前贈与の遺産分割は?時効や特別受益に当たる場合などを詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

生前贈与は、遺産分割の話し合いのときに、揉めることが多くあります。

知らずに受け取ってしまったことが、相続で自己の不利益となる可能性もあるのです。

生前贈与が特別受益に当てはまるのかや特別受益の場合の遺産の振り分け、時効などについて、知識を深めておきましょう。

1:生前贈与の遺産分割は?

生前贈与の遺産分割は、被相続人が相続人に対して、特別受益に当てはまるような贈与を行っていたかどうかで変わります。

特別受益とは、相続する人が被相続人の心意気によって特別に財産をもらったり、遺贈や死因贈与によって財産をもらっていたりすることです。

生前贈与が特別受益に当てはまると思ったときは、特別受益のない相続人が証明しなければなりません。

内容は、相続人が受け取った遺産の金額や日付などです。

2:生前贈与が特別受益に当たる場合と当たらない場合は

生前贈与が特別受益として当てはまる場合は、結婚や養子をとるために資産が使われていたり、生活を支えるための財産が贈られていたりする場合です。

例えば、家を購入するときの費用や開業、留学などが当たります。

特別受益に当たらない場合は、被相続人が遺産を贈与したとは言えない少額での贈与や小遣いなどです。

金額の大きさによって判断されますが、被相続人の財産の状況も基準となります。また、他の相続人に対しても同じような贈与がなかったのかも、特別受益に相当するか否かの要素です。

3:生前贈与が特別受益に相当する場合の遺産分割と時効は

生前贈与が特別受益に相当する場合は、相続が始まった時に特別受益分も含めた計算をします。

また、どの地点で贈与を受けたのかは関係なく、時効はありません。

しかし、遺留分の計算をする際は、相続を開始する10年前までが含まれるところに、注意しましょう。

特別受益が相続分を上回る場合は、遺産を相続できません。

遺留分とは、配偶者や子、両親などが最低限受け取ることのできる相続分のことをいいます。

4:まとめ

生前贈与が特別受益に当てはまる場合は、遺産を振り分けるときに、特別受益分が含まれて算出されます。

時効はありませんが、遺留分の計算時には、相続開始前の10年間に限定されるので注意してください。

特別受益の判断は、相続される側の人から受けた費用の大きさや他の相続人との比較、経済状況などが基準となります。

また、特別受益があったかどうかは、特別受益を受けていない他の相続人からの証明によって明らかにしなければならず、金額や時期なども調査しなければなりません。

相続人間のトラブルを最小限に抑えるのであれば、被相続人の生前から相続の話し合いを進めていくことをおすすめします。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。