生命保険も遺産分割協議書に記載すべき?特別受益として計算される場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺産相続を計算するときに、生命保険の扱いがよくわからないという方も多いでしょう。

遺産の扱いとなれば遺産分割協議書に関係してきますが、相続の対象とならない場合は不要です。

また、遺産分割の際に特別受益にあたるのかは、受け取る金額に大きな差が出るので気になるでしょう。

生命保険を遺産分割協議書に記載すべきかなのかや、特別受益との関係性についてまとめました。

1:生命保険は遺産分割協議書に記載しなくていい

生命保険は基本的に、遺産相続の中に含まれません。

それは、保険契約が優先事項となり、受取人の所有物となるからです。

遺産分割は相続人との話し合いや遺言書などによって決まりますが、相続後のトラブルを回避するなどの理由から、遺産分割協議書を作成するのが、通例となっています。

この協議書は相続するものについて記載するものですから、生命保険は記載する必要がありません。

生命保険は遺産相続に含まれない財産なので、相続放棄をした相続人でも受け取ることができます。

2:生命保険が遺産分割の対象?特別受益との関係性

生命保険が相続の対象となるのは、生命保険の受取人が本人であった場合ですが、この扱いについては議論が続いており、結論は出ていません。

生命保険を受け取る人が相続人である場合、額によっては遺産相続分を超える財産となることもあるでしょう。

生命保険は特別受益に当てはまるので、保険の受取人である相続人が、他の相続人に比べて多くの遺産を受け取ることがないように、調整されます。

特別受益とは、相続人が何人もいる場合に、特定の人物だけが相続される人から特別に遺産を譲り受けていたり、生前からもらいうけていたりするもののことです。

特別受益と認められるときは、相続時に贈与分が含まれ、遺産分割に不公平がないように定められた制度となっています。

3:まとめ

生命保険は遺産相続に該当しないので、遺産分割協議書に記載する必要はありません。

生命保険を受け取る人が相続人であった場合、遺産分割が公平になるように、特別受益によって計算されるので安心してください。

生命保険を遺産の振り分けの際に対象とすべきではないかという意見もあり、議論されていますが、現在結論は出ていません。

また、注意すべきなのは、相続の際に発生する税金の関係です。

税金の上では「みなし相続」として計算されるので、一定の金額が課税対象となることを忘れないように手続きをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。