遺産分割は贈与されたことに入る?遺産分割による贈与税は掛かるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産や相続については、家族内でのトラブルが起こることが多々あります。

また、相続が上手くいかないと、大きなトラブルに繋がることもありますので、遺産や相続について正しく理解し未然に家庭内トラブルを防いでいきましょう。

「遺産分割にはどのような方法がある?」

遺産分割とは、相続人による相続財産の分配を差します。

家族など人が亡くなれば、その人の財産が残されます。有効な遺言書が残されていない場合、相続人が集まって話し合いをし、遺産を分け合うことや、その財産を誰がもらうかを決めなければならないのですが、ここでトラブルになる事が多いのです。

遺産分割には、不動産や現金などの遺産をそのまま現物で分ける方法の「現物分割」と、不動産などの遺産を売却してその売却金を分ける方法の「換価分割」と、不動産などの遺産を相続した人が他の相続人に対して代賞金を支払う方法の「代償分割」と3つの方法があります。

「遺産分割方法の流れとは」

遺産分割の流れとして、相続人らが集まり、遺産分割の話し合いによって遺産分割方法が決定したら、次にその内容を記載した遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書があると、不動産の相続手続きや、預貯金の払い戻し手続きなど各種の相続手続きができます。

また、遺産分割協議後に相続人の中で話しの相違などによる紛争を蒸し返すことを防ぐこともできます。

例えば、遺産分割方法が、代償分割なのであれば、不動産の相続登記手続きでの登記原因は「遺産分割による贈与」になります。

この遺産分割による贈与が登記原因の場合、相続人が不動産などの遺産を相続した代わりに、この不動産を相続した相続人が自分の不動産を他の相続人に贈与することに当たります。

「遺産分割には贈与税などの税金が掛かる?」

遺産分割による税金が心配な方もいるかとは思いますが、実は税金が掛からない遺産分割方法があります。

遺産分割協議を行った上で、他の相続人らが代償分割で納得し、遺産分割協議書に署名、捺印をしてもらえれば、相続税や自宅を売却した際の所得税や贈与税は掛からないのです。

代償分割は、贈与税や相続税が掛からない点ではメリットですが、金銭を支払う相続人に支払い能力がないと実現が難しいとされます。

現物分割、換価分割、代償分割の3つの遺産分割方法をどのようにうまく組み合わせるかがポイントになりますので、遺産分割方法を正しく理解した上での話し合いをお勧めします。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。