遺産相続

遺産は寄付することもできる?相続人の理解なく財産を寄付された場合、遺留分は認められるのか

遺留分とは、被相続人が亡くなり残された家族の生活を保障するための制度で、相続人が最低限取得できる遺産とされています。

遺留分の問題として、被相続人の遺言書による相続人の間での不平等な遺産の分け方に遺留分侵害額請求を行使されるケースが多いですが、この相続人との間だけにしか遺留分侵害額請求は行使することが出来ないというわけではないのです。

続きを読む

相続人の遺留分を超える遺産の侵害は請求することができる

遺産相続を行う際に、被相続人が遺言書を残すか残さないかで、遺産相続の流れは変わってくるのです。

なんのトラブルもなく、スムーズに相続手続きが完了できれば良いのですが、相続人本人だけではなく、他の相続人も関与する場合や話し合いが上手くまとまらないという場合もありますのでなかなか上手く相続手続きは進まないものです。

続きを読む

相続人には最低限の遺産を取得する権利がある?その遺留分の割合とは

トラブルが多い遺産相続問題ですが、遺言書が残されても残されていなくても、遺産相続でのトラブルが起こってしまうのです。

もし、被相続人が遺言書を残し、相続人がその遺言書に対して納得のいかない内容であった場合、泣き寝入りするのは勿体ないです。

兄弟・姉妹を除く法定相続人には、遺留分侵害額請求で最低限取得できる遺産を取り戻すことができます。

続きを読む

遺産整理の際に必要な委任状とは?契約書とは別?

遺産整理業務を手続きする時間が取れない、何をすればいいか分からないといった何らかの事情で専門家などに依頼するケースが増えてきています。

専門家に依頼すると、まず相談から入り、その後契約を交わします。

契約を交わした後に委任状などの必要な書類を提出し、費用を払うという流れになります。

委任状とは、相続手続きにおいて必要な書類のひとつになります。

続きを読む

遺産整理業務を依頼できるのは国家資格を持つ専門家だけなのか?

遺産や相続について関与している主な専門家は弁護士や税理士や司法書士、行政書士ですが、この専門家の他にも相続に関与する様々な専門家がいます。

相続に関する資格には、国家資格と民間資格に分けられます。

では、国家資格と民間資格の違いとはどのような部分になるのでしょう?相続に関してできる業務というのも国家資格と民間資格では大きく変わってきます。

続きを読む

遺産整理受任者として相続手続きをしてくれる司法書士とは?

相続の手続きには多くの手続きが必要で、時間が取れずつい後回しにしてしまう方もいるかと思います。

ただ、後回しにして良いことではありませんので、時間が取れない、相続の手続きを何からしたら良いのか分からないという方は、相続に関する、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などの専門家に相談・依頼することをオススメします。

続きを読む

遺産整理業務を依頼する際、どの専門家に依頼するのが良いのか?行政書士に依頼した場合

遺産相続や遺産整理について弁護士などの専門家に依頼をする際、どこに依頼するのが良いのか分からないという方もいるかと思います。

相談する専門家によって取り扱っている業務や費用、メリットなども異なってくるため、違いを理解した上で相談すると良いでしょう。

続きを読む

遺産相続を放棄するために必要な書類とは

もし親が借金をしていた場合、その親が亡くなってしまうと、子供をはじめとする相続人は親の借金を遺産相続しなければなりません。

それを避けるためには、遺産相続を放棄するという方法があります。

続きを読む

生活保護受給中における遺産相続について!不正受給は絶対にばれる?

生活保護によって生活している状態で遺産相続が発生すると、生活保護費を受け取ることができないのではないかと、不安になるかもしれません。

しかし、生活保護と遺産相続の関係は複雑で、正しい知識を持たずに処理すると、後々不正受給に繋がることもあるのです。

ここでは、生活保護を受けているときの遺産相続についてや不正受給がばれるのかについて、まとめました。

続きを読む