遺産相続

遺産相続は所得になる〜確定申告が必要になる〜

遺産相続で得た被相続人の財産は、相続人にとって「不労収入」として確定申告をする必要があります。もし確定申告で相続分の申告をしなかった場合、脱税として追徴課税されてしまう恐れも出てきます。
この記事では、相続発生に伴う確定申告の有無について詳しく解説していきます。
続きを読む

相続順位とは?配偶者と子はどんな場合に遺産を相続できる?

亡くなった人(被相続人)の遺産は、遺言に記載がある場合を除いて、民法によって定められた法定相続人が相続します。

この法定相続人になることができる順位を、相続順位といいます。

具体的には、第一順位が子、孫といった直系卑属、第二順位が父母、祖父母といった直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子である甥・姪)という順位になっています。

続きを読む

司法書士に遺産整理業務を代行してもらう場合の基本

高齢化社会にともない、遺産整理のニーズは年々高まってきています。

遺産整理業務というと、故人が居住していた家屋の家具等の処分や清掃などを思い浮かべる方もいるかもしれません。しかし、遺産整理業務はそれだけにとどまらず、財産相続という法的な手続きがあります。

続きを読む

遺産整理の代行をお願いするための委任契約書

遺産整理業務を司法書士に代行してもらう場合、委任契約書というものを取り交わします。

しかし、この契約書は法的な文章で書かれているため、よくわからないままに契約を締結してしまい、後々トラブルになったり、業務内容が思っていたのと違ったりというような場合があります。

何せ、法的な文章での取り交わしをする機会など、人生の中で数回程度しかありません。

慣れていないのは当然です。こうしたリテラシーがなかったために、後々、不快な思いをしてはお互いにとって損です。

代行を依頼する側としても、委任契約書についての基本的知識をもっておくことが大切になります。

続きを読む

白紙委任状で遺産整理などのトラブルにならないために

遺産整理業務について、誰かに代行をお願いする場合に、必ず締結するのが委任状です。

ただし、この委任状を「白紙」状態で締結したために、泣き寝入りせざるをえなかったケースが最近増えてきています。

委任状を取り交わした後に訴えても、もはや時遅し…。

そんなことにならないためには、代行をお願いする側も、しっかり法的リテラシーを知って備えておくことが大切です。

続きを読む

自分で遺産の相続手続きをする大変さ

自分だけで遺産相続の手続きは大変です。

突然相続が発生したので速やかに遺産の相続手続きを済ませたいが、司法書士や弁護士に依頼するお金はない…。少しでも費用を節約する為に自分で遺産の相続手続きをしようと考える人がいるかもしれません。

続きを読む

法改正により、これまで相続権のなかった長男の嫁が遺産相続できるケースも!

遺産増続は、基本的に法定相続人に対して行われます。

法定相続人とは、配偶者、子どもであることが一般的で、財産の半分を配偶者が相続し、残りは子どもに均等に分配されます。

子どもが亡くなっている場合、その子どもに子ども、つまり孫がいれば孫が代わりに相続可能です。配偶者も子供もいない場合は、親が相続し、親も亡くなっている場合は兄弟姉妹が相続します。

続きを読む

遺産分割協議を依頼したときの弁護士費用の相場は?

遺産分割協議は、遺産をどのように分けるかを家庭裁判所で調停委員と裁判官を交えて話し合う協議で、本人に対して期日を指定した呼び出しの書状が届きます。

相続人は、その日に家庭裁判所に出向いて協議を行う必要があるのですが、平日の昼間に行われる協議に出席するのが難しいという人もいるでしょう。

続きを読む

司法書士に遺産整理をお願いすると費用はどれくらいかかるの?

司法書士の仕事は、裁判所などに提出する書類などを作成したり手続きを代行したりすることです。

遺産相続の場合にも、裁判所で調停を行なったり、スムーズに分割が行われた場合でも登記の申請が必要だったりします。

公的に必要な手続きがたくさんありますので、それを代行するために司法書士に依頼することができるのです。

続きを読む