孫には遺産相続の権利がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

親族が亡くなった場合、配偶者や子供は残された遺産を相続する権利がありますが、孫は遺産相続することができるのでしょうか。

ここでは、遺産相続の権利を孫が持てるのかどうかについてお話ししていきます。

・孫が遺産相続の権利を持つ「代襲相続」

孫が遺産相続を持つことのできるいちばんポピュラーなものに「代襲相続」というものがあります。

「代襲相続」とは、本来ならば遺産を相続する立場である人物が、既に亡くなってしまっている場合に、その人物に代わって遺産を相続することを言います。

民法では、亡くなった人の配偶者、亡くなった人の子、亡くなった人の直系の親族、亡くなった人の兄弟姉妹という順で、残された遺産を相続できる人物に順位が決められています。

具体的に言うと、「代襲相続」とは順位が上の人物が亡くなっているときに、その次の人物が遺産を相続することになります。

つまり、孫が遺産を相続する権利を持てるのは、亡くなった人の子が既に亡くなっている場合になります。

ただ、「代襲相続」には様々なケース、様々な人物が関わってくるため、相続人同士の関係が難しくなってくることも少なくありません。

できれば専門家の意見を聞きながら話し合いや手続きをしていくことをおすすめします。

・子が遺産相続を放棄すると孫が相続することができなくなる

ここで気をつけたいのが、遺産放棄です。

もしも亡くなった人の子供が遺産を放棄してしまうと、孫にも遺産相続する権利はなくなってしまいます。

遺産放棄をすると子供がいないと見なされてしまい、孫ではなく兄弟や姉妹が遺産を受け取ることになってしまうのです。

そのため、もしも故人から見た孫に遺産相続させたい場合は、子供は遺産放棄をしてはいけません。

・孫に遺産を残したい場合

自分の遺産を孫に残したいと思った場合、遺言書を書くのが一般的な方法です。

遺産を孫に相続させたい旨を遺言書に書き記しておけば、相続する人物の順位に故人の気持ちが加味されるので、故人が決めた額を孫が受け取ることができます。

配偶者や子供など、他に遺産を相続できる親族の気持ちも考えて、孫にいくらぐらいを相続させたいかという金額を具体的に記載しておけば、後々もめることも少なくなります。

遺言書には様々なルールがあるため、弁護士などの専門家に相談しながら作成する方がまちがいがありません。

いかがでしょうか。たとえ孫であっても、故人の遺産を相続できるケースはあります。

相続放棄など、注意すべき点を頭に入れておくようにしましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。