遺産相続した後に借金が発覚したらどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産には、現金や不動産などのプラスのものだけでなく、借金や負債などのマイナスのものも含まれます。

基本的にはマイナスの遺産が多い場合は相続放棄をすることができます。

では、もしも遺産を相続した後に借金が発覚したら、どうすればよいのでしょうか。

・マイナスの遺産は相続放棄できる

配偶者や親など、親族が亡くなった場合、残された財産を相続することができます。

ただ、もしも借金や負債などのマイナスの遺産が多い場合には、相続放棄をすることで借金の返済を回避することが可能です。

相続の放棄を行いたい場合、相続が始まってから3カ月以内に裁判所に申し立てをする必要があります。

どのような書類を用意すればいいのか分からない、どんな手続きを踏めばいいのか分からないという人は、弁護士などに相談するとスムーズに進めることができます。

・相続した後に借金が発覚することは少なくない

ただ、家族が亡くなり、遺産相続の手続きもしてしまった後に、実は借金があったということを知るケースも少なくありません。

また、遺産分割協議の末、兄弟のうちの1人が親の全ての遺産を相続した場合、後に発覚した借金は遺産を受け取っていない他の兄弟にも返済する義務があります。

相続放棄の期限を過ぎた3カ月以降に、借金の督促連絡が来るケースも稀にあります。

これは、相続放棄をできなくなってから、借金を確実に返させるための業者の手段のひとつでもあり、この時になって初めて故人の借金の存在を知る家族もいます。

・借金が発覚した時の対処法

では、遺産放棄できる3カ月を過ぎてから、後に借金が発覚した場合には対処法があるのでしょうか?

民法では、3カ月が経過してから財産を放棄することは認められていません。

つまり、原則としては期限が過ぎてからでは相続放棄をすることはできず、借金の返済をしていく義務があります。

ただ、過去には、相続放棄をしなかった相当な理由があったとして、裁判によって相続放棄を認めてもらえたというケースもあります。

つまり、故人の借金のことを知らなかった場合、更に借金の督促も行われていなかった場合などは、相続放棄をできる可能性もあります。

まずは、借金の督促に来た業者の書類に署名捺印などは絶対にしないようにし、できるだけ早く弁護士をはじめとした専門家に相談をするようにしましょう。

どれほど信頼している配偶者であっても、借金が絶対にないとは言い切れません。

相続が発生したら、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産についてもきちんとチェックするようにすることが大切です。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。