相続した遺産が振り込まれない場合

親族の死後、円満に話し合いを行って遺産の分割をしたはずなのに、いつまでたっても振り込まれないということがあります。

このような場合の対処法や、相続した遺産をいつもらえるのかについて、お話ししていきます。

相続に不安がある、専門家へ相談したいという方はこちらの記事が参考になります。
相続の相談はどこにする?弁護士・税理士・司法書士の正しい選び方

・遺産は相続手続きの完了後、受け取れる

親族が亡くなった場合、相続のための手続きを行います。

相続手続きとは、不動産の名義変更や、預金・貯金の払い戻し手続きなどです。

相続人が配偶者1人ではなく、子供や兄弟など複数になる場合は、誰がどれぐらいの遺産を受け取るかを話し合う、遺産分割協議を行います。

これらの手続きを全て完了した後、遺産を受け取ることができます。

・遺産相続の話し合い

遺産相続が発生した場合、相続権利のある人同士で協議する必要がありますが、協議の方法は様々です。

いちばん多いのが、相続人の中の1人が代表となって手続きを進める方法です。

代表となる人物が、相続人全員の必要書類を取りまとめ、相続の手続きをして、相続人全員に金銭を分配します。

遺産分割協議書を作成する方法もあります。

相続人全員が集まって話し合い、遺産分割協議書に遺産の分け方を記入します。

その協議書を銀行に持って行き、自分で手続きをして遺産を受け取ります。

遺産分割の協議が難航することもあります。

この場合は、家庭裁判所にて遺産分割調停の手続きし、調停委員が間に入って話し合いが進められます。

故人が遺言を残していた場合、遺言の内容を実現するための遺言執行者が手続きをします。

多くの場合は、遺言に書き記された人物や、遺言に書き記されたことで利益を受ける人物、または弁護士などが遺言執行者になります。

故人に代わって、遺言に記載されている通りに遺産を分配してくれるため、スムーズに進みます。

・遺産が振り込まれない時の対処法

もしも、いつまでたっても遺産が振り込まれない場合、遺産分割の話し合いがどのようにされたのかによって、対処法も変わってきます。

代表者が全ての手続きを担っている場合や遺産分割協議書が作成してある場合は、家庭裁判所に遺産分割の調停申し立てを行います。

遺産分割調停や審判を経ている場合は、相手に直接訪ねるか、それでも振り込まれなければ強制執行の手続きを行います。

遺言執行者がいる場合は、家庭裁判所にて遺言執行者の解任を請求することができます。

受け取れるはずの遺産がいつまでたっても受け取れないと不安になってしまうものです。

振り込みの期間がはっきりと決められているかどうかも、ケースによって異なります。

遺産分割の際には、正しい知識を持って話し合いをするようにしたいものです。

※PVとは閲覧数のことです

弁護士・税理士・司法書士の正しい選び方

下記1つでも当てはまる方に、役立つ内容を記事にまとめました!

  • ●相続の相談を誰にしたら良いか分からない
  • ●弁護士、税理士、司法書士だれに相談すべきか分からない
  • ●相続税の相談はどんな税理士を選んだら良い?
  • ●各専門家はどうやって選んだら良いのか分からない
  • ●相続相談サービスはどれを使うのが良い?

相続の相談を誰にしたら良いのか、選ぶ基準などをまとめています。
専門家選びで失敗する前に参考にして頂ければ幸いです。

記事を読む

SNSでもご購読できます。