遺産相続は知らない親戚にも権利が発生することがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

一般的に遺産相続といえば、自分の親や配偶者が死亡したときに受け取るものと思う人がほとんどでしょう。

とはいえ、配偶者が死亡したときに、突然知らない親戚から遺産相続の権利を主張される、あるいは知らない親戚から突如法定相続人として遺産分割協議に参加するように言われるといったことも起こり得るのです。

・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本で明らかになる「知らない親戚」

人が死亡し財産を相続するときには、誰が法定相続人かを調べるために「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」を取り寄せる必要があります。

死亡した人が親戚付き合いをあまりしなかった場合、この「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」を取り寄せることで、今まで知らなかった親族が現れることがあるのです。

例えば、婚姻前に婚外子がいて認知していたものの、現在の配偶者と婚姻したことで婚外子との交流が無くなり、その存在を現在の配偶者は知らなかったというケースもあるでしょう。

あるいは、子供を持たない夫婦で、配偶者の親族とほとんど交流がなかった場合、見知らぬ甥や姪が法定相続人となるケースもあるのです。

全く面識がない親戚であっても、法定相続人であるなら必ず連絡をして遺産分割協議に参加してもらい、遺産分割協議書に署名および捺印をしてもらう必要が出てきます。

・つき合いがなかった伯父や伯母の遺産を相続することになるケースも

面識のない親族から突然連絡を受け、法定相続人として遺産分割協議への参加や遺産分割協議書に署名捺印をしてほしいと言われることもあります。

被相続人の配偶者および両親がすでに亡くなっている場合、その兄弟が法定相続人としての権利を得ます。

ただし、その兄弟も亡くなっている場合には、甥や姪に当たる人が代襲相続人という制度に基づいて法定相続人となり、相続を受ける権利が発生するのです。

被相続人が親族とほとんど交流を持たないタイプの人であった場合、甥や姪に突如相続の話が舞い込むという事態が生じることでしょう。

被相続人が資産家だった場合には、多額の遺産を相続できる可能性があります。

・注意すべきなのは負の遺産

遺産相続と聞くと、多くの人は不動産を始めとした財産の相続を想像することでしょう。

ただ、借金を相続しなければならないケースもあるので注意が必要です。

被相続人が浪費家で多額の借金を残している場合などがそれにあたります。

ですから、相続の内容をしっかりと把握し、必要な場合は相続放棄の手続きを行いましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。