生活保護を受給し続けるために遺産相続を放棄したらバレる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

家族や親族が亡くなり、遺産相続をすることになると、相続人は一時的に資力を有することになります。

生活保護を受給している人にとって、遺産がもらえることは一概にプラスに働くとは言えません。

資力を有すると判断されれば、生活保護が打ち切られ今後の生活が不安定になる可能性があるためです。

・この先の生活を考えて遺産相続は放棄したほうがよいのか

生活保護を受給している間は、毎月一定額の生活資金が手に入るため、安定的な生活が送れます。

そのため、一時的な収入となる相続財産を得るよりも、生活の安定をとりたいと考える人もいるでしょう。

このような考えをもとに、遺産相続を放棄したいと考える生活保護受給者がいます。

とはいえ、基本的に生活保護を受給している人は遺産相続を放棄することはできません。

生活保護を受給している人は、最低限度の生活を維持するために必要な費用を可能な限り自分で賄うことが期待されています。

遺産を相続することで生活するための資産が取得できるにも関わらずそれを放棄することは、生活保護制度の原理原則に反することになるのです。

・今後の生活を考え勝手に相続放棄をしたことはバレるのか

遺産相続によって資力を持つことで、生活保護が打ち切られる可能性があるため、誰にも相談せず相続放棄をしてしまおうと考える人もいます。

とはいえ、極力他人へ相談をせずに相続放棄をした場合でもバレる可能性があります。

相続放棄をするときには、裁判所に申し立てを行う必要があります。

この段階で、生活保護受給者が相続放棄の手続きをしたことは、審査や給付を担当している厚生労働省へ通知されてしまい、バレるのです。

・ケアワーカーに相談をして生活保護「停止」を目指そう

遺産相続をしても、生活保護の受給が完全にストップとはならないことも多々あります。

ですから、相続する遺産はどれほどなのかを把握し、日ごろお世話になっているケアワーカーや役所の担当者の方とよく相談をすることが重要です。

相続する遺産の内容によっては、財産価値が認められずそのまま生活保護を受給し続けられる可能性があります。

また、一時的に資力を得ても、将来的に生活に困窮することが想定されるなら、生活保護の支払いが「廃止」ではなく、一時的に生活保護の受給がとまる「停止」となることもあります。

ですから、生活保護を受給している人が遺産相続の手続きをする際には、勝手な予想や憶測で判断するのではなく専門家の意見を伺うようにしましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。