遺産相続が整う前に勝手に処分するとどうなるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産相続に該当する財産は、本来分割協議が完了するまで処分することはできません。

とはいえ、何らかの理由により相続が確定する前に勝手に処分されてしまうことがあり得ます。

このような時にどう対処すればよいかを考えます。

・遺産分割前の財産は相続人全員の共有物となる

故人が遺した財産は、遺産分割協議を経てそれぞれの相続人に相続されます。

この遺産分割協議により相続が確定するまでは、相続財産は相続人全員の共有物となります。

夫婦と子ども2人の4人家族の場合、夫が亡くなると妻と子2人が相続人となり、遺産分割協議が完了するまでは3人で遺産を共有することになります。

・共有財産を相続人のうち1人が勝手に処分することは可能

夫婦と子ども2人の4人家族で、法定相続人が妻と子2人の場合、妻は二分の一、子はそれぞれ四分の一が法定相続分となります。

財産が共有状態であっても、法定相続分の範囲内(共有持分)であれば他の相続人に許可を求めることなく処分することが可能です。

例えば、夫が土地建物3,000万円分、預貯金1,000万円分、合計4,000万円分を遺産として残していた場合、妻は2,000万円分、子はそれぞれ1,000万円分を自由に処分することができます。

他の家族に相談することなく、子の1人が故人の預貯金1,000万円を引き出し、自分の口座に移し替えたとしても、あくまで自分の取り分を取得したという言い分が成立するのです。

・故人が亡くなる前に勝手に処分された財産は遺産相続の対象にはならない

夫が長く療養しており、妻が子に相談せず土地建物の名義を自分に変更してしまうケースもあるでしょう。

この場合、土地建物については遺産相続の対象とはなりません。

遺産相続の対象となるのは、あくまでも被相続人が死亡した時点で遺された財産のみとなります。

この場合、遺産となるのは預貯金1,000万円分のみとなるため、妻が500万円分、子はそれぞれ250万円分が法定相続分となります。

子がこれを不服とした場合は、「不当利得返還請求」もしくは「不法行為に基づく損害賠償請求」を行うことで、不当に取得された財産を取り戻すことが可能となります。

・まとめ

遺産相続で相続財産となるのは、被相続人が死亡した時点で所有していた財産です。

遺産は相続人の法定相続分の範囲内であれば、他の相続人に相談をせず処分することは可能です。

被相続人の存命中に相続人の1人が財産を処分した、あるいは名義を変更した場合、遺された財産分のみが遺産相続の対象となります。

勝手に処分したことへ不服を感じるときは、不当利得返還請求や損害賠償請求を起こす必要があります。
(2020年現在)

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。