遺産相続における葬儀費用や香典の扱いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

被相続人が亡くなった場合、相続人は遺産相続の手続きが必要になります。その中で、葬儀費用や香典は相続の項目に含まれるのでしょうか。

【葬儀費用は相続になるのか】

遺産相続とは、被相続人が生前に持っていた財産や債務のことを指します。

そのため、被相続人が亡くなった後に行われる葬儀の費用は、相続人が相続する債務に含まれず、相続の対象となることはありません。

そのため、葬儀費用の支払いは相続人が分担して支払う必要はなく、一般的には葬儀主催者である喪主が支払うケースが多くなっています。

しかし、葬儀費用は高額になる場合も多く、その費用を相続財産から支払いたいという方も多いと思います。

遺産分割時の協議の際、各相続人から相続遺産から葬儀代を捻出する合意を受けられるように、領収証などはきちんと保管し、明細書の内訳の明示を可能な限りしておきましょう。

【香典は相続になるのか】

香典とは亡くなった方の霊前に供えるもので、お通夜や葬儀の参列者が遺族を慰めるために送る品物や金銭とされています。

そのため、香典の扱いは遺族への贈与として考えられており、相続財産には加算されず、相続税が発生することはありません。

また、贈与としての扱いを受けていても、香典は送り主と受取人の関係を照らし合わせて社会通念上相当と認められた場合は贈与税も発生することはなく、所得税にも含まれません。

そして、香典の受取人に関しては、基本的には喪主が支払う葬儀費用にあてられるため、通常は喪主になります。

【葬儀費用や香典をめぐるトラブル】

葬儀費用や香典の受け取りに関するトラブルは意外と多いものです。

葬儀費用の負担に関する法は制定されておらず、その方法も相続人の自由とされています。

喪主が一括で支払いできればよいのですが、中には相続人同士で分割して払うという方法を取るケースもあります。

その場合誰か1人でも支払わない人が出てくると大きな問題に発展してしまいます。

そのため、近年では、被相続人が遺言の内容に葬儀についても記載し、相続人同士がトラブルを起こさないように対策をしている方が多くなってきています。

そして、もしトラブルになりそうな時は専門的な知識を持っている機関に相談すると安心です。

葬儀費用や香典は相続に含まれず、さまざまな項目の税の対象にはならないことがわかりました。

しかし、葬儀に関連して動くお金の金額は少なくありません。

少しでもトラブルを避けるためにも、しっかりと話し合い、後の相続に関する手続きに安心して臨めるようにしましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。