遺産相続における法定相続人と血縁関係なしの方の相続について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産相続が起きた場合に問題になってくるのは、誰が相続人になるかという点です。

現在、家族構成が多種多様なものになってきており、場合によっては非常に複雑で、誰が相続人なのか判断がつけられなくなってしまうことも多くなってきています。

【遺産相続とは】

遺産相続とは、亡くなった方が所有していた財産や債務を次世代に引き継がせることです。

その対象は亡くなった方の親族が一般的ですが、親族には幅があり、親や配偶者はもちろんのこと、孫やひ孫、姪や甥、いとこなど多くの親族がいればいるほど誰が相続人になるのかという問題が起きやすくなってしまいます。

【法定相続人について】

「誰が相続人になるのか」という問題を解決するために、法定相続人というものを定めています。

法定相続人とは、法律で定められている、対外的に認められた相続人であり、具体的には配偶者や、血縁者のことを指します。

亡くなった方の配偶者が存命の場合は、どのような場合でも必ず法定相続人となります。

そして、配偶者以外の法定相続人に関しては、相続人になりうる順番として、相続順位が定められています。

まず、第1順位の相続人は被相続人の子供です。

もし子供が被相続人によりも先に亡くなっている時は直径の卑属が相続人になります。

次に、第2順位の相続人は親となり、第3順位の兄弟、姉妹と続きます。

順位が下位の人は、上位の人が死亡したり相続放棄などをしない限り相続権は認められることはありません。

【血縁関係なしの人でも相続人になれるのか】

基本的に相続は法定相続人の順位に従って分配されますが、亡くなった方が遺言を残していた場合は相続権や血縁に関係なく、自由に遺産を与えることができます。

また、被相続人に法定相続人が1人もいない場合は、特別縁故者が財産を相続することができる権利が与えられます。

特別縁故者とは、被相続人と生計を共にしていた人、身の回りのお世話や介護、看護をしていた人、師弟関係など特別な縁故があった人のことを指します。

この特別縁故者の申し立ては、被相続人に相続人が本当にいないのかなどの調査が行われ、債務などが精算された後に行うことができます。

また、特別縁故者の申し立てには、縁故関係を証明する書類などが必要となります。

【まとめ】

このように遺産の相続には相続人になれる順位が存在します。

もし、遺産の相続を相続権のない血縁者や血縁者以外の方に与えたいと考えているならば、遺言をしっかりと残しておく必要があります。

そして相続人同士が揉め事を起こさないよう、しっかりと対策をすることが求められます。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。