相続順位とは?配偶者と子はどんな場合に遺産を相続できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

亡くなった人(被相続人)の遺産は、遺言に記載がある場合を除いて、民法によって定められた法定相続人が相続します。

この法定相続人になることができる順位を、相続順位といいます。

具体的には、第一順位が子、孫といった直系卑属、第二順位が父母、祖父母といった直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子である甥・姪)という順位になっています。

配偶者は相続順位に関係なく相続人となる

被相続人の遺産は、法定相続人に相続されますが、配偶者には相続順位がついていません。

配偶者は、いかなる場合であっても法定相続人となります。

例えば、相続順位が第一位である子の実親でなくても、被相続人が亡くなった時点で配偶者である人は、法定相続人となり、遺産を受け継ぐことができます。

ただし、内縁の妻や同性のパートナーは民法上の配偶者とはみなされず、法定相続人となる権利はありません。

そのため、内縁関係にある妻との間に子供がいて認知をしている場合には、子には遺産を相続する権利があります。

ただし、内縁の妻には遺産を相続する権利がなく、遺産を相続することはできません。

配偶者も子もいない場合の相続順位と割合について

被相続人が未婚で子供がいない場合や、既に亡くなっている場合には、相続順位に基づいて父母が被相続人となります。

父母が亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。

父母および祖父母といった直系尊属が全員亡くなっている場合には、被相続人の兄弟姉妹が法定相続人となります。

兄弟姉妹が3人いれば、3分の1ずつの遺産を相続することになります。

また子の場合で、兄弟姉妹のうち誰か1人が亡くなっている場合は、その子が3分の1の遺産を相続するため、「生きている兄弟だけで山分け」ということにはなりません。

まとめ

被相続人の遺産を受け継ぐ法定相続人については、民法で相続順位が定められています。

子・孫、父母・祖父母、兄弟姉妹(亡くなっている場合は甥・姪)の順位で法定相続人となりうる権利が認められています。

また、被相続人の配偶者については、相続順位とは関係なく法定相続人となることができます。

ただし、内縁関係の妻や、同性のパートナーについては法定相続人となる権利がないため、遺産を相続するためには遺言が必要です。

被相続人が遺言を遺していて、遺産の相続人について明記をしている場合は、民法上の相続順位に優先して遺産の相続手続きが行われます。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。