遺産相続手続きの為の弁護士費用が払えない場合はどうしたらいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士に案件を依頼する際に発生する費用の中には、相談料、着手金、報酬金の3種類の費用が含まれています。担当する弁護士や依頼する案件の内容や難易度によって費用の金額は異なります。

遺産相続の弁護士費用の相場

遺産相続に関する相談を弁護士に依頼する場合、相談料が1時間無料~1万円程度、着手金が5万~10万円程度、報酬金が10万円~30万円程度が弁護士費用の相場です。

着手金とは、結果の成功や不成功に関わらず、案件に対応してもらう為に弁護士に支払う費用です。案件の難しさによって着手金の金額は異なります。

交通事故や離婚、債務整理などの場合は着手金として20万~30万円必要となる場合が多いですが、相続に関する依頼の場合は着手金は比較的安い金額で済みます。

相談料・着手金が無料の事務所を探す

遺産の相続が発生した為弁護士にさまざまな手続きを依頼したいけど費用が払えない…。そんな風に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

先程ご説明したように、弁護士費用は相談料、着手金、報酬金の3つの費用から成り立っています。着手金は案件を依頼すると必ず発生してしまう費用ですが、弁護士事務所によっては相談料や着手金が無料である事務所や弁護士もいます。

予算が少ない場合は、相談料や着手金が無料の弁護士を探して依頼するようにしましょう。

分割払いを利用して弁護士費用を支払う

弁護士事務所によって異なりますが、分割払いに対応してもらえる事務所もあります。弁護士に依頼したいけれど一括では費用を支払えない場合は、分割払いが利用できるかどうか弁護士事務所に聞いてみましょう。

相談料、着手金、報酬金のうちどれかだけでも分割払いができれば、支払いがだいぶ楽になります。分割払いと同様に、後払いで対応してもらえる場合もあります。

依頼をする前にそういった支払い方法に対応可能であるかどうか確認や相談をしてみるのがおすすめです。

まとめ

相続税の申告以外の遺産相続の手続きには期限がないので、相続税の申告期限である相続発生から10ヶ月以内であれば弁護士を探す時間があります。

相続が発生してからでも弁護士を探す時間はあるので、自分の経済状況に合った金額で対応してもらえる弁護士を探してみましょう。一度自分の住んでいる地域にどんな弁護士がいるのか確認してみるのもおすすめです。

いざという時に駆け込める場所や相談できる相手を探しておくだけでも、相続の手続きをスムーズに行えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。