遺産整理業務を依頼する際、どの専門家に依頼するのが良いのか?行政書士に依頼した場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺産相続や遺産整理について弁護士などの専門家に依頼をする際、どこに依頼するのが良いのか分からないという方もいるかと思います。

相談する専門家によって取り扱っている業務や費用、メリットなども異なってくるため、違いを理解した上で相談すると良いでしょう。

「相続に関する専門家の違いとは」

相続を扱っている主な専門家には、弁護士、税理士、司法書士、行政書士があります。それぞれできる業務の範囲が違ってくるので、依頼する内容によりそれぞれ合った専門家に相談・依頼するといいかと思います。

相続について親族間で揉めている、他の相続人が話し合いに応じないなどのトラブルがある場合は弁護士に依頼するのがベストです。

トラブルに発展した相続を扱えるのは弁護士だけなのです。

特にトラブルがある訳ではないが、不動産がある相続の場合や登記変更の手続きが分からない場合は、司法書士に依頼するのが良いです。

相続の際の税金面や、税務申告の代行などは税理士に相談しましょう。

相続税のことや、税務申告の代行ができるのは税理士のみです。

遺産分割協議書の作成や、行政機関への手続き代行、役所への手続きが細かくて面倒と思う方や時間がないという方には、行政書士に依頼することが良いです。

「遺産整理業務を行政書士に依頼するメリット」

では、遺産分割協議書などの書類関係で、どう手続きしたら良いか分からない方がいると思います。

遺産整理業務を行政書士へ依頼すると様々なメリットがあります。まず、行政書士は国家資格を持つ法律関係の専門家になります。

相続に関して、遺産分割協議書や相続関係説明図などの相続の際の必要な書類を作成できます。

相続に関する書類の作成は戸籍の収集などが手間になってしまうため、遺産整理などでの書類の作成の際に行政書士に依頼をすれば、スムーズに手続きを行うことができます。

行政書士は作成できる書類の数が非常に多く、信託銀行やその他の専門家に比べて少ない費用で依頼ができるため、初めて専門家に依頼する人でも行政書士は相談しやすいです。

ただ、紛争になっている案件や、不動産の名義変更の際の登記申請は行政書士では対応ができないため注意しましょう。

まとめ

遺産整理業務や遺産相続については手続きが多く面倒な部分も多々ありますので、精神的にも重荷になりがちです。

後回しにしがちですが、相続手続きが遅れると様々なデメリットも出てきますので、悩みを抱え込まずそれぞれ内容にあった専門家に相談することが精神的にも時間的にも余裕が出てくるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。