遺産整理の際に必要な委任状とは?契約書とは別?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産整理業務を手続きする時間が取れない、何をすればいいか分からないといった何らかの事情で専門家などに依頼するケースが増えてきています。

専門家に依頼すると、まず相談から入り、その後契約を交わします。

契約を交わした後に委任状などの必要な書類を提出し、費用を払うという流れになります。

委任状とは、相続手続きにおいて必要な書類のひとつになります。

「委任状の書き方と契約書との違い」

まず、委任状というのは契約書とは異なります。

専門家に遺産整理業務を依頼した際にトラブルなどを防ぐため、相続財産承継業務委任契約書を締結します。

この契約書というのは、契約を締結する際に作成される契約を証明する文書のことで、委任状とは、相続人本人が代理人に相続手続きを依頼したことを証明する文書です。

この委任状は親戚などに相続手続きを頼む場合にも専門家に依頼する場合でも必要です。

委任状を作成する際に、主に必要な記載事項は、委任者の住所、氏名、押印と、代理人の住所、氏名と、何を委任するのかといった具体的に委任する内容、委任状の作成日を記載します。

委任状は基本的に委任をする人でも委任を受ける人でも作成が出来ますが、氏名の記入と押印は必ず委任する人が行いましょう。

この委任状は、インターネットでも「相続、委任状、雛形」と検索しますと、委任状の書き方や雛形が出てくるので、その通りに委任状を作成すると良いでしょう。

もし、委任状の作成について分からなかったり悩んだりした場合には、専門家に相談することも可能です。作成の仕方を教えてくれます。

「遺産整理の際の白紙委任状はトラブルのもと」

白紙委任状とは、委任事項などが空欄である委任状のことです。

実はこの白紙委任状がトラブルのもとになるのです。

委任した範囲を明確にしていなければ、相手にすべての権利を与えることと同じになってしまい、そのためトラブルの原因になります。

多くある例として、親族などに委任するケースが挙げられます。

委任する相手が親族であっても安心はできません。白紙委任状はリスクがあるため注意が必要です。

後々トラブルにならないためにも委任状は正確に作成しましょう。

また、専門家以外で代理する際、金銭が発生するのは法律違反となりますので気をつけましょう。

まとめ

相続手続きにはトラブルが起こりがちです。

委任状といっても油断はできません。

相続手続きに関する大切な書類のひとつですので慎重に作成しましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。