遺産相続

相続した遺産が振り込まれない場合

親族の死後、円満に話し合いを行って遺産の分割をしたはずなのに、いつまでたっても振り込まれないということがあります。

このような場合の対処法や、相続した遺産をいつもらえるのかについて、お話ししていきます。
続きを読む

遺産相続した後に借金が発覚したらどうすればいい?

遺産には、現金や不動産などのプラスのものだけでなく、借金や負債などのマイナスのものも含まれます。

基本的にはマイナスの遺産が多い場合は相続放棄をすることができます。

では、もしも遺産を相続した後に借金が発覚したら、どうすればよいのでしょうか。
続きを読む

孫には遺産相続の権利がある?

親族が亡くなった場合、配偶者や子供は残された遺産を相続する権利がありますが、孫は遺産相続することができるのでしょうか。

ここでは、遺産相続の権利を孫が持てるのかどうかについてお話ししていきます。
続きを読む

遺産相続に必要な手続きは死後何日?

家族が亡くなったらその悲しみにうちひしがれ、何もする気が起きないものです。

でも、そんな時でもしなければならないのが、遺産相続のための手続きです。

今回は遺産相続に必要な手続きを、家族の死後何日で行わなければならないかを中心に紹介していきます。
続きを読む

生活保護を受給し続けるために遺産相続を放棄したらバレる?

家族や親族が亡くなり、遺産相続をすることになると、相続人は一時的に資力を有することになります。

生活保護を受給している人にとって、遺産がもらえることは一概にプラスに働くとは言えません。

資力を有すると判断されれば、生活保護が打ち切られ今後の生活が不安定になる可能性があるためです。
続きを読む

遺産相続の話し合いに応じない人がいる場合の対処法

遺産相続では、相続人全員による合意の元で「遺産分割協議書」を作成し、相続人全員がそこに署名および捺印をすることが求められます。

とはいえ、中には遺産分割協議書の内容に不服があるなどの理由から、遺産相続の話し合いに応じない人もいます。このような場合はどう対処すべきでしょうか。
続きを読む

遺産相続は知らない親戚にも権利が発生することがある

一般的に遺産相続といえば、自分の親や配偶者が死亡したときに受け取るものと思う人がほとんどでしょう。

とはいえ、配偶者が死亡したときに、突然知らない親戚から遺産相続の権利を主張される、あるいは知らない親戚から突如法定相続人として遺産分割協議に参加するように言われるといったことも起こり得るのです。
続きを読む

遺産相続で問題となる寄与分とは?上限はあるのか?

民法では、法定相続人に対しそれぞれ一定の相続割合が定められています。

とはいえ、相続人の中には、死亡した被相続人の介護を一身に担うなど貢献度が高かったといった理由で、他の人より多くの財産分与を受けたいと考えることがあるでしょう。

貢献度に応じて相続分を調整する仕組みとして「寄与分」と呼ばれる制度があります。
続きを読む

実際に起こった遺産相続におけるトラブルの体験談から得られる教訓

遺産相続という手続きは、一生のうちで何度も経験するものではありません。

そのため、弁護士や司法書士などの専門家がいないとトラブルも起こりやすくなります。

実際に起こった遺産相続のトラブルの体験談を教訓にして、遺産相続を回避するためのポイントを考えましょう。
続きを読む