遺産相続

遺産分割協議を依頼したときの弁護士費用の相場は?

遺産分割協議は、遺産をどのように分けるかを家庭裁判所で調停委員と裁判官を交えて話し合う協議で、本人に対して期日を指定した呼び出しの書状が届きます。

相続人は、その日に家庭裁判所に出向いて協議を行う必要があるのですが、平日の昼間に行われる協議に出席するのが難しいという人もいるでしょう。

続きを読む

司法書士に遺産整理をお願いすると費用はどれくらいかかるの?

司法書士の仕事は、裁判所などに提出する書類などを作成したり手続きを代行したりすることです。

遺産相続の場合にも、裁判所で調停を行なったり、スムーズに分割が行われた場合でも登記の申請が必要だったりします。

公的に必要な手続きがたくさんありますので、それを代行するために司法書士に依頼することができるのです。

続きを読む

遺産整理を司法書士に依頼した場合の報酬

遺産相続をするとなったときに、何をどうすればよいかわからない、という人は多いでしょう。

一般の人はなかなか何度も経験することではない上に、難しい手続きが必要なことも多いためです。

そこで、司法書士などに頼んで、その手続きを代行してもらうことが可能です。

ちなみに手続き代行の報酬相場はおおよそ20万円~です。

続きを読む

生命保険金は遺産分割の対象外って本当?

遺産分割は、法定相続人に一定の割合で行われることが定められています。

故人のすべての財産を平等に分けるために、配偶者がその1/2を、残りを子どもたちが均等に分けるのが基本です。

配偶者や子どもがいない場合は、両親や兄弟、孫などの存在によってまた割合が変わってきますし、もちろん遺言があればそれに従って分配されることになります。

続きを読む

遺産の相続手続きを勝手に行うとどうなるのか

相続発生後すぐに遺産分割協議を行いたいのだが、一部の共同相続人と音信不通で連絡が取れない…。急に被相続者が亡くなったことでこのような事態に巻き込まれてしまう人もいるでしょう。

相続人全員で遺産の分割割合や分割方法について協議する遺産分割協議は、一部の共同相続人が参加していない場合は無効になってしまいます。

続きを読む

遺産相続にかかる弁護士費用〜本当に弁護士って必要?〜

急に遺産相続問題が起こった場合、頼りになるのは弁護士です。
万が一裁判沙汰になったとしても、弁護士の有無で相続に関わる問題を解決できる可能性が高くなります。しかし、弁護士費用は多額でありおいそれと依頼できるものではありません。
本当に遺産相続問題に弁護士は必要なのか、依頼した場合の費用はいくらなのかを把握しておきましょう。
続きを読む

遺産相続に関わる人々〜絶縁中の兄弟は対象?〜

遺産の相続で懸念されるトラブルの元が「絶縁中の兄弟」です。たとえ家族内で絶縁中の状態であっても、法律上は法定相続人として認められます。
兄弟間での裁判係争を防ぐためにも、絶縁中の兄弟がいる遺族の遺産分与手続きを把握しておきましょう。
続きを読む

遺産相続に関わるトラブル〜具体事例で学ぶ〜

遺産相続では、親族間で大きなトラブルに発展するケースも少なくありません。大きなお金が絡む場合は特に、双方共に引くに引けない状況にもなります。
解決には対立する相手と話し合いをしなければなりませんが、しっかりとした事前準備が必要です。
その準備の1つに、遺産相続で良くあるトラブルの具体的な事例を知っておくこと「情報確保」が挙げられます。事前に有効な対策を知識として持ち、円満な解決に向けて行動しましょう。

続きを読む

遺産相続で変わる確定申告〜相続は申告する?〜

遺産相続で臨時収入があると確定申告をすべきか迷ってしまうもの。勘違いしている人の多い確定申告ですが、遺産相続による収入は申告する必要がありません。
しかし、故人の確定申告は相続を受けたあなたがしなくてはならないのです。相続で得た遺産は「相続税の基礎控除」を超えた分にのみ「相続税」がかかります。
以下で詳しく見ていきましょう。

続きを読む

相続した遺産が振り込まれるまで時間はどれくらいかかる?

相続が発生すると、遺産の相続手続きが必要です。相続手続きは遺産を取得する為に必ず必要な手続きで、もしも相続人が自分1人しかいない場合は、死亡届けを提出した後にすぐに相続手続きを完了できます。

しかしほとんどの場合は自分以外に複数の相続人がいて、法定相続人の調査や遺産分割協議など、相続の分配割合について確認する作業が必要となってしまいます。

続きを読む