相続税基礎控除額の改正による影響

平成27年1月1日より、税制改正による相続税の基礎控除額が改正されました。基礎控除額とは、遺産総額での課税されない金額のことです。

遺産総額よりも基礎控除額の方が大きい場合の相続税はかかりませんが、基礎控除額を超える額に対して相続税が課されます。改正後の控除額が改正前と比べてどのように変わったか説明します。
続きを読む

相続税における「配偶者控除」とは

両親や自分自身が高齢になってくると、家や財産に対して「相続」が発生する可能性が増えてきます。また、相続すると、相続税を納付する場合も出てきます。

相続税の計算は相続総額から控除額を差し引いて計算されますが、その控除の一つに「配偶者控除」があります。
続きを読む

相続税が発生するかも知れない〜早見表で現状把握〜

相続税の発生には条件があります。
遺産の全てに相続税が発生するわけではなく、相続財産の合計金額が基礎控除額を上回った場合に【課税対象額】となります。課税対象額の金額によっても、相続税額は細分化されています。

あなたが支払うべき相続税はいくらなのか。いくら相続すると、どれだけの相続税が発生するのかを把握し、しっかりと納税するよう心掛けてください。
続きを読む

相続放棄したい〜放棄したい遺族の必要書類〜

相続をするのも手続きが大変ですが、相続放棄するにあたっても書類を提出する必要があります。
相続放棄の申述書を書けば良いわけではなく、申立のために必要書類を添付しなければなりません。

相続が始まった日から3ヶ月以内に手続きをしなければならないため、何が必要なのか事前に把握しておくとスムーズです。
続きを読む

相続税は怖くない〜いくらから発生するかを知ろう〜

相続税を算出するには【課税対象額】を知ることがスタート地点。課税対象額を知るためには【相続財産の合計金額】と【基礎控除額】が必要となります。
相続税がいくらから発生するかを知ることで、あなたの相続する遺産に相続税が掛かるのかが分かるでしょう。

故人が遺した遺産の目減りは、遺族としては極力阻止したい負担です。課税対象とは何か、基礎控除とは何かを知り、不安になる必要のない相続税を乗り切ってしまいましょう。
続きを読む

相続放棄を弁護士に依頼したい〜弁護士費用の相場〜

相続放棄をする場合、相続が始まった日から3ヶ月以内で書類を集めて手続きをしなければなりません。
相続するか考える時間を含めると、書類集めに動ける時間はわずかです。

もし残り1ヶ月しか猶予がない場合、弁護士に依頼することをおすすめします。
どれくらいの費用が必要なのか、相場を知っておくと弁護士選びに時間を取られません。

続きを読む