民事信託活用支援機構とは

民事信託活用支援機構という名前を聞いたことがあるでしょうか。

2015年に、一般社団法人民事信託活用支援機構が日本でも設立されました。

この機構ができた背景には、日本社会で進む高齢化の波が大きな要因としてあります。

それにともない、事業継承や資産の相続といった信託が喫緊の課題として浮上しています。

欧米では、信託に際しては信託銀行や商事信託が発達しており、家族信託についても民事信託として各専門家と連携して進められています。

しかし日本では、まだまだ信託についてのリテラシーは発展途上でもあり、相続や事業継承をめぐって家族間でのトラブルや揉め事が多く生じています。

こうした状況を鑑み、家族信託にかかわる各専門家、弁護士や司法書士、税理士や会計士などによるコンサルティングや支援、また、専門家間での信託についての知識提供や支援といったことを目的に、設立されました。

続きを読む

自分で遺産の相続手続きをする大変さ

自分だけで遺産相続の手続きは大変です。

突然相続が発生したので速やかに遺産の相続手続きを済ませたいが、司法書士や弁護士に依頼するお金はない…。少しでも費用を節約する為に自分で遺産の相続手続きをしようと考える人がいるかもしれません。

続きを読む

遺言書で妻に全財産を相続させることはできるのか

築いた財産をすべて妻に相続させたいと考える人もいます。

子どもに相続させたくないという方はまれかもしれませんが、両親やきょうだいには相続させたくないというケースがあるのも事実です。

まず、相続の基本として、故人の遺産の相続権は配偶者である妻、次に、子どもにあります。

子どもがいない場合には、両親が相続権をもちます。

続きを読む

遺産分割調停の呼び出し期日に行けない!無視しても大丈夫?

遺産の相続人が複数存在し、その遺産の分配において協議がまとまらない倍は、遺産分割調停が行われます。遺産分割調停は、相続人の1人でも申し立てをすれば、全員での調停が行われることになり、家庭裁判所で調停が行われます。

実際の調停は、相続人が集まって調停員を交えた話し合いが行われる、というものではなく、相続人同士は顔を合わせることなく、相続人・調停委員・裁判官の3者での話し合いが何度か繰り返されます。

続きを読む

法改正により、これまで相続権のなかった長男の嫁が遺産相続できるケースも!

遺産増続は、基本的に法定相続人に対して行われます。

法定相続人とは、配偶者、子どもであることが一般的で、財産の半分を配偶者が相続し、残りは子どもに均等に分配されます。

子どもが亡くなっている場合、その子どもに子ども、つまり孫がいれば孫が代わりに相続可能です。配偶者も子供もいない場合は、親が相続し、親も亡くなっている場合は兄弟姉妹が相続します。

続きを読む

遺産分割協議に時効はあるの?やり直しになることは?

権利の中には時効によって権利が失効してしまうものもあります。

しかし、遺産分割協議の内容には時効はありませんので、どれだけ時間がたっても請求することができます。

また、何十年も前のものだからといって、遺産分割協議がやり直しになるようなこともありません。

権利が失われないため、相続人にとってはメリットがあるように思われますが、場合によっては終わったと思われた遺産分割が再び蒸し返されることになるので、注意する必要もあります。

続きを読む

遺産分割の審判に従わない時は強制執行も可能

遺産は相続人が受け取るものですが、遺産の内容によってはお金を支払ったり土地を立ち退いたりする必要が生じることがあります。(遺産分割の強制執行)

例えば、3000万円の土地家屋と、1000万円の預金が遺産として存在し、それを2人で均等に分ける場合、土地家屋を売却して2000万円ずつ受け取る方法と、ひとりが土地家屋を相続して、もうひとりの相続人に1000万円を支払うことで均等にすることもあります。

続きを読む

自分で相続税の手続きをする方法

まず初めに相続税の手続きは自分でできます

相続が発生すると、10ヶ月以内に相続税の申告をしなければいけません。期限を過ぎてしまうと、延滞税や無申告加算税など余分な税金の支払いが発生してしまいます。

税金のことはよくわからないから税理士に頼む人が多くいますが、相続税の申告は自分でもできてしまいます。税理士に依頼すると、どうしても税理士への報酬として費用が必要となります。

続きを読む

遺産分割協議を依頼したときの弁護士費用の相場は?

遺産分割協議は、遺産をどのように分けるかを家庭裁判所で調停委員と裁判官を交えて話し合う協議で、本人に対して期日を指定した呼び出しの書状が届きます。

相続人は、その日に家庭裁判所に出向いて協議を行う必要があるのですが、平日の昼間に行われる協議に出席するのが難しいという人もいるでしょう。

続きを読む

遺産整理を司法書士に依頼した場合の報酬

遺産相続をするとなったときに、何をどうすればよいかわからない、という人は多いでしょう。

一般の人はなかなか何度も経験することではない上に、難しい手続きが必要なことも多いためです。

そこで、司法書士などに頼んで、その手続きを代行してもらうことが可能です。

ちなみに手続き代行の報酬相場はおおよそ20万円~です。

続きを読む