民事信託を活用して相続税対策を!

民事信託は、両親の大切な財産を子供が守るもの、というイメージがあります。

しかし実は、両親が子供たちのために大切な財産をしっかりと残すための手段でもあるのです。

しかも、相続税対策としても有効な面があるので、今すぐ活用することはなくても知っておくことで、今後の財産管理に安心が持てるかもしれません。

続きを読む

民事信託とは?その登録方法って?

最近テレビなどでよく「信託」という言葉を耳にすることが多くなりました。

もしかしたら、耳にする機会が増えたのではなく、自分が信託ということを気になっているからかもしれません。

親が高齢になり、相続の問題もそろそろ出てくるという人は、この信託についても考えなければならない時期といえるでしょう。

ここでは信託、特に民事信託についてお話しします。

続きを読む

相続手続きは準備が大切〜預金相続に必要な書類とは?〜

遺産相続の際、最も手間がかかってしまうのが「預金相続」です。口座を凍結されてしまい、相続人全員で凍結解除に向けて行動しなければなりません。
被相続人の現金資産は銀行口座に積み立てられている場合がほとんどです。少しでも早く凍結解除手続きを完了できるように、必要な書類の準備をしておきましょう。ケースによって必要となるものが変わってきます。
続きを読む

民事信託を活用して相続税対策を!

民事信託は、両親の大切な財産を子供が守るもの、というイメージがありますが、実は、両親が子供たちのために大切な財産をしっかりと残すための手段でもあるのです。

しかも、相続税対策としても有効な面があるので、今すぐ活用することはなくても知っておくことで、今後の財産管理に安心が持てるかもしれません。

続きを読む

民事信託は認知症対策としても有効!

親が高齢になると健康問題が心配、以前はそう言った内容が多かったのですが、このところ増えているのが、認知症になってしまった場合のケースです。

遺言で将来的な財産管理ができているから安心、そういう人もいますが、遺言はなくなってから効力を発揮するものです。

ここでも民事信託は心強い味方です。

認知症になるかどうかはわかりませんが、早めの時点で対策を講じておきましょう。

続きを読む

相続税を収める人が増えた?3000万円に減額?

平成27年から、相続税の大幅な改正が行われ始めました。

相続税の大増税時代に入ったという話も耳にしていますが、これまで相続税には関係のなかった人も、自分が相続をする際に税金がかかるということについての対策を立てなければいけないということです。

では具体的にどういった改正が行われたのか、詳しくお話ししましょう。

続きを読む

生活保護受給中における遺産相続について!不正受給は絶対にばれる?

生活保護によって生活している状態で遺産相続が発生すると、生活保護費を受け取ることができないのではないかと、不安になるかもしれません。

しかし、生活保護と遺産相続の関係は複雑で、正しい知識を持たずに処理すると、後々不正受給に繋がることもあるのです。

ここでは、生活保護を受けているときの遺産相続についてや不正受給がばれるのかについて、まとめました。

続きを読む

相続手続きについて〜自分で進める相続手続き〜

遺産相続はいろいろな手続きがあると思われていますが、全てを細分化して考えた時、同じ内容の単純作業を繰り返しているだけだと気付かれるでしょう。行うべき作業が多いだけで、実は一つの相続だけを理解すれば全て自分だけで手続きを完了していけるのです。
この記事を参考に、「遺産相続が難しいことだ」と決めつけず、簡単なことから始めてみてください。
続きを読む

郵便局の相続問題回避術〜生前贈与の活用〜

遺産相続は被相続人の死後に行われるため、家族・親族間で思わぬトラブルを発生させてしまうことがあります。被相続人としても、自分の遺したもので争いを招くのは望まないでしょう。
郵便局を利用した生前贈与であれば、被相続人となる前に自分の思うように資産の分配が可能です。相続の一つの方法として、生前贈与も検討してみてください。
続きを読む

生命保険も遺産分割協議書に記載すべき?特別受益として計算される場合も

遺産相続を計算するときに、生命保険の扱いがよくわからないという方も多いでしょう。

遺産の扱いとなれば遺産分割協議書に関係してきますが、相続の対象とならない場合は不要です。

また、遺産分割の際に特別受益にあたるのかは、受け取る金額に大きな差が出るので気になるでしょう。

生命保険を遺産分割協議書に記載すべきかなのかや、特別受益との関係性についてまとめました。

続きを読む