相続放棄

相続放棄は10年後でも可能?手続きしないとどうなるのか

相続放棄とは、相続人が、一切の遺産の相続を放棄することです。

遺産は、プラスとなる財産(貯金など)だけではありません。

出来る限り受け継ぎたくない、借金などのマイナスの財産もあります。

亡くなった人が事業を営んでいて負債を抱えていた場合など、受け継ぎたくない遺産がある場合には、相続を放棄することができるのです。

相続の放棄は、原則として「自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内」に行うことが定められており、家庭裁判所での手続きが必要となります。

続きを読む

相続放棄を考えている場合にしてはいけないことは?

被相続人が遺す財産には、借金などのマイナスの遺産もあります。

預貯金などのプラスの遺産だけでなく、借金など負の遺産も受け継ぐことを、単純承認と言い、通常の相続にあたります。
また、相続したマイナスの遺産(借金など)をプラスの遺産(預貯金など)で返済し、残りの財産を受け継ぐことを限定承認と言います。

さらに、借金の額が多い場合などは、所定の手続きを取ることで相続放棄をすることができます。
ただし、相続放棄をすると借金などマイナスの遺産だけでなく、預貯金などのプラスの遺産についても相続をすることはできません。

続きを読む

相続放棄をしても死亡保険金はもらえる?相続税は?

相続放棄をすると、亡くなった人(被相続人)の遺産を一切受け継がないことになります。
ただし、死亡保険金は被相続人の遺産ではなく、保険金の受取人の固有資産であると扱われます。

例えば、配偶者が保険金の受取人として指定されていた場合、死亡保険金は配偶者の固有資産となるのです。
そのため、相続放棄の手続きを終えた後であっても、死亡保険金を受け取ることができます。

続きを読む

兄弟の遺産を相続放棄する場合の必要書類とは?

亡くなった人(被相続人)の遺産は、配偶者および直系卑属(子、孫)が受け継ぎます。

被相続人に子や孫がいない場合には、直系尊属(父母、祖父母)が受け継ぎます。

ただし、被相続人の相続人となりうる子や孫、父母や祖父母が亡くなっている場合には、兄弟姉妹に遺産が受け継がれる場合があります。

また、本来であれば遺産を相続すべき子や父母が相続放棄をした場合にも、遺産の相続権が兄弟姉妹に移ります。

続きを読む

相続放棄を司法書士に依頼すると費用はいくらかかる?

相続放棄とは、被相続人が遺した遺産を相続しないということです。

例えば、被相続人が多額の負債を抱えていた場合などは、相続放棄をすることで債務を負う必要がなくなります。

相続放棄が認められるためには、「自分が相続人であると知ったとき」から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをする必要があります。

続きを読む

自分で相続放棄の手続きを行う手順

相続財産の中には、プラスとなる資産だけでなくマイナスになってしまう負債の遺産もあります。

自分が相続する遺産のプラスとマイナスのバランスがわかりマイナスの方が多かった場合は、相続放棄もしくは限定承認の手続きを行いましょう。

続きを読む

相続放棄時に受け取ってはいけないものとは?

相続放棄をしたら受け取ってはいけないものがあります。

被相続人の所得税や住民税の還付金、国民健康保険料等の還付金や未払い給与などがそれにあたります。これらは相続財産になるので受け取ることは出来ません。でも、もし知らずに受け取ってしまっていたら、どのように対処すればよいのでしょうか。
続きを読む

相続放棄した場合の固定資産税の納税について

相続放棄は、被相続人の全ての財産についての相続する権利を放棄することです。被相続人に借金等の負債がある場合に、相続するが負債分は相続しないということは出来ません。

被相続人の負債が大きく、そのため相続放棄をしたにも関わらず相続財産としての固定資産の税金を払わなければいけない場合があります。ここでは相続放棄をした時、固定資産税と相続放棄の関係にどのような事があるかを説明します。
続きを読む

相続放棄申述受理通知書とは

相続放棄を認められると、家庭裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が届き、その通知書の到着をもって相続放棄の申述は完了し相続を放棄したことになります。では、送付されてくる相続放棄申述受理通知書とはどういったものなのでしょうか。詳しく説明していきます。
続きを読む

相続放棄申述受理証明書とは

相続放棄をする時は、被相続人の住民票の届出先の管轄をしている家庭裁判所へ相続放棄の申し立てを行います。相続放棄をした後に、相続放棄をしたという証明が必要になるケースがあります。その場合の証明の方法とは、またどんな時に証明が必要なのでしょうか。分かりやすく説明していきます。
続きを読む