相続放棄に必要なものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■相続放棄とは?

相続放棄とは亡くなった人のプラスの遺産も、借金などのマイナスの遺産も、全て受け取りませんと宣言する手続きで、必要書類を家庭裁判所に提出して行います。

■相続放棄の手続きに必要なもの

相続放棄の手続きに必要な書類などは、亡くなった方との関係によって変わります。

まず、亡くなった方との関係にかかわりなく、全ての人に共通して必用なのが、次の4つです。

1つ目は、被相続人の住民票除票または戸籍附票です。

2つ目は、相続放棄をする本人(申述人)の戸籍謄本です。

3つ目は、800円分の収入印紙で、これが手続き費用となります。

4つ目は、連絡用に使う郵便切手で、申立をする家庭裁判所によって切手の枚数は異なりますが、80円切手を5枚程度用意しておきましょう。

以上が、すべての人に共通して必要なものとなります。

■第1順位の相続者に必要な書類

亡くなった人の配偶者、子の場合は、上記の必要書類や収入印紙、切手に加えて、被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本が必要です。

亡くなった人の代襲相続人(孫やひ孫など第1順位相続人)の場合は、被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本と、被代襲者(親など本来の相続人)の死亡の記載が入った戸籍謄本が必要です。

■第2順位の相続者に必要な書類

亡くなった人の父母や祖父母など第2順位相続人の場合は、亡くなった人の出生時から死亡時に至るまでのすべての戸籍謄本が必要です。

また、亡くなった人の子またはその代襲者が死亡している場合は、その人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本も必要となります。

亡くなった方の祖父や祖母場合は、亡くなった方の親の、死亡の記載のある戸籍謄本も必要です。

■第3順位の相続者に必要な書類

亡くなった方の兄弟姉妹またはその代襲者の甥や姪などの第3順位相続人の場合は、被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本被相続人の子や代襲者の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本被相続人の直系尊属の、死亡の記載のある戸籍謄本が必要です。

また、申述人が甥や姪といった代襲相続人である場合は、被代襲者(本来の相続人)の死亡記載のある戸籍謄本も提出する必要があります。

上記が相続放棄に必要な書類などとなります。

■まとめ

相続放棄のためには、亡くなった人との関係を示すための戸籍謄本や住民票など、様々な書類が必要です。

煩雑ですから、相続放棄に必要な書類など、どのように準備すればいいのかわからない場合は、相続放棄を得意とする税理士や弁護士に相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。