相続放棄を弁護士に依頼したい〜弁護士費用の相場〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続放棄をする場合、相続が始まった日から3ヶ月以内で書類を集めて手続きをしなければなりません。
相続するか考える時間を含めると、書類集めに動ける時間はわずかです。

もし残り1ヶ月しか猶予がない場合、弁護士に依頼することをおすすめします。
どれくらいの費用が必要なのか、相場を知っておくと弁護士選びに時間を取られません。

相続放棄を自分でする場合にかかる費用

まずは弁護士に手続きを依頼する前に、自分で手続きした場合の費用を知っておきましょう。依頼する時の差額と手間を把握しておけば、納得して弁護士を頼れます。
相続放棄する場合、戸籍謄本などを発行するため、1枚につき数百円の費用が必要です。
以下に必要な資料と金額をまとめたので、確認していきましょう。

  • 被相続人の戸籍謄本(配偶者以外が相続放棄する場合)450円
  • 被相続人の除籍謄本、改製原戸籍謄本 750円
  • 被相続人の住民票 300円(市町村によって異なる)
  • 相続放棄する人の戸籍謄本 450円
  • 家庭裁判所へ送付するための切手代 500円(家庭裁判所によって異なる)
  • 家庭裁判所までの交通費(申述書を取りに行く場合)
  • 申述書に添付する印紙 800円

これらを合計すると3,250円必要です。
住民票や切手代は状況により異なるため、自分で手続きをする場合には3,000~5,000円程度は必要になります。

相続放棄を依頼する場合の費用相場

相続放棄は主に必要書類の作成が依頼内容になるため、弁護士ではなく司法書士にも依頼できます。
どちらを選ぶかで費用が異なります。

弁護士に依頼する場合の相場は5万円以上、司法書士の場合は2万円程度が相場です。

相談料や代行手数料が、弁護士の方がやや高めになっています。
相続放棄について特に相談がなく、ただ書類作成の代行だけ頼みたい場合には、司法書士でも問題はありません。
もちろん、弁護士事務所によって価格設定は異なるため、相談が必要な場合には良心的な弁護士事務所を探すのも手です。

相続放棄の手続きができる3ヶ月以降を過ぎた場合

3ヶ月を過ぎてしまったタイミングで手続きを依頼する場合、弁護士費用は高くなります。さらに、代行手数料が通常よりも上がる傾向にあります。
3ヶ月以降に相続放棄の手続きをする場合には弁護士事務所に問い合わせてみましょう。

相続放棄の弁護士費用には価値がある

弁護士に依頼すれば、自分で手続きをするよりも10倍以上も費用かかります。
ただ、弁護士に依頼することで時間的な問題や精神的な焦りからも解放され、確実に手続きが行えます。
特に、3ヶ月以降で手続きをする場合は、頭を悩ませるよりも弁護士の力を借りる方が効率的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。