相続放棄と代襲相続の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被相続人の子供がすでに亡くなっている場合は子供には相続権はなく、代襲相続として子供のその子供(孫)が相続することになります。

被相続人の子供が相続放棄した場合、法律では相続放棄した子供は初めから相続人ではないものと見なされます。では、相続放棄をした場合に起こることとして、どんなことが考えられるのでしょうか。

相続放棄した場合の代襲相続

相続放棄をした場合、代襲相続は適用されません。被相続人の子供が相続放棄をしたら、その子供が代襲相続することは出来ません。

被相続人の子供全てが相続放棄をした時、その子供は代襲相続することなく次の順位の相続人が相続することになります。子供だけではなく、被相続人の兄弟姉妹であっても相続放棄をすればその子供は代襲相続人になることはありません。

相続放棄した親の代襲相続

父親が亡くなり、その相続を放棄していた場合でも、その後祖父が亡くなって相続となった時は死亡した父親の代襲相続として相続することが出来ます。

被相続人の子供の相続人でなければ代襲相続人になれない訳ではありません。父親の相続を放棄したとしても、その父親が相続すべき権利を引き継げない訳ではないのです。

相続放棄による代襲相続の順位

被相続人の子供が相続放棄した場合又は子供がいなかった場合は、その父母、祖父母が相続人になります。この場合は、全て存命の場合です。

そして、親等が近い人が相続人となるため、父親が死亡している場合は母親が相続人となります。母親が相続放棄をした時は、次の親等である祖父母が相続人になります。

更に祖父母並びに第2順位の直系尊属全員が相続放棄した場合、次の順位の兄弟姉妹に相続権が移ります。その兄弟姉妹、その代襲者も全員が放棄してしまったら、次の順位の相続人にとはならずに「不在」ということになります。

代襲相続による相続放棄

被相続人に借金が残っていた場合、先順位の相続人が相続放棄する場合があります。

その次に相続権が回ってきた時、代襲相続として借金も相続してしまうことになります。借金を引き継ぐ意思がない時は、自身も相続放棄しなければいけません。

まとめ

被相続人に借金等があって相続したくない時は相続放棄することが出来ます

相続放棄すると、その代襲相続は適用出来ません。相続権は、その子供孫へと移ることはなく、親等が近い順番に相続権が移ります。

また、相続放棄の書類の提出は、相続権があることを知ってから3ヶ月以内に行わなければいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。