相続放棄申述受理通知書とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続放棄を認められると、家庭裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が届き、その通知書の到着をもって相続放棄の申述は完了し相続を放棄したことになります。では、送付されてくる相続放棄申述受理通知書とはどういったものなのでしょうか。詳しく説明していきます。

相続放棄が受理されると「相続放棄申述受理通知書」が届く

相続放棄の申し立てが認められると「相続放棄申述受理通知書」が送付されます。

相続放棄の申述が受理されたということになります。尚、相続放棄を申し立てる家庭裁判所は、被相続人の住民票を管轄する家庭裁判所になります。

相続放棄では、被相続人に資産と負債があった場合、資産は相続するが負債は相続しないということは出来ません。全ての相続財産を相続するのか放棄するのかを決めるために期間を設けています。

判断するのに時間を要する場合、家庭裁判所に申し立てをして受理されれば期間を過ぎても相続放棄が可能な場合もあります。基本的には、相続放棄をするには相続開始がわかった日から3ヶ月以内に申述しなければいけません。

相続放棄申述受理通知書が必要なとき

被相続人に債務があった場合、債権者から相続人に支払いの要求が来ることがあります。

相続放棄をした場合は支払いに応じる必要はないので、相続放棄をしたという証明に相続放棄申述受理通知書のコピーを債権者に送ります。ただし、相続放棄申述受理証明書の送付を求めてくる場合もあります。

相続放棄申述受理通知書では相続登記は出来ない

不動産の相続登記をする時は、相続人全ての押印が必要です。相続放棄をした相続人がいる場合、相続放棄したことを証明する書類を添付し、押印はしません。

相続放棄したと証明する書類には相続放棄を受理された時に送付される相続放棄申述受理通知書があります。ですが、その通知書を添付書類としては相続登記をすることは出来ません。

あくまで証明書を添付する必要があるので、この場合は「相続放棄中述受理証明書」を添付します。相続放棄申述受理証明書を相続放棄申述受理通知書で代用することは出来ないのです。

まとめ

相続放棄申述受理通知書とは、相続放棄申述を家庭裁判所に認められた場合に送られてくる通知書です。被相続人の債権者が相続人に支払いを求めてきた時には、相続を放棄していることを伝えるための相続放棄申述受理通知書のコピーを送付します。

相続放棄申述受理通知書のコピーでは不可の場合や相続放棄申述受理通知書を紛失した場合の再発行は出来ず、相続放棄申述受理証明書をもってその証明とします。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。