相続放棄は10年後でも可能?手続きしないとどうなるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続放棄とは、相続人が、一切の遺産の相続を放棄することです。

遺産は、プラスとなる財産(貯金など)だけではありません。

出来る限り受け継ぎたくない、借金などのマイナスの財産もあります。

亡くなった人が事業を営んでいて負債を抱えていた場合など、受け継ぎたくない遺産がある場合には、相続を放棄することができるのです。

相続の放棄は、原則として「自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内」に行うことが定められており、家庭裁判所での手続きが必要となります。

相続放棄は10年後でも可能?手続きしないとどうなる?

相続放棄の手続きは、原則として3ヶ月以内に行うことが定められています。

ただし、「被相続人が亡くなってから」ではなく「自分が相続人であることを知ったときから」と定められているので、被相続人が亡くなってからの期間は関係ありません。

例えば、父親が亡くなってから10年経ってから、相続すべき負債の存在が明らかになった場合などは相続放棄が認められる可能性があります。

とはいえ、相続すべき遺産がある場合には早めに手続きをしておく方が良いでしょう。

相続放棄を行うと、他の法定相続人に負債が相続されてしまうため、事前に連絡を取り合う必要が出てきます。

他の相続人に迷惑をかけないためにも、早めの手続きが必要なのです。

【相続の手続きは早めに】10年後は遺留分の請求もできなくなる

相続放棄の手続きは、被相続人が亡くなってから10年後でも不可能ではありません。

ただし、被相続人が亡くなってから10年が経つと、遺留分の請求もできなくなってしまいます。

法定相続人としての遺留分の請求を行う場合も、相続放棄の場合と同じく早めの手続きが必要となります。

遺産を相続した人が遺留分の請求に応じない場合には、10年経たないうちに必ず対処しておきましょう。

【まとめ】相続放棄の手続きは早めに

相続放棄とは、被相続人が負債を抱えていた場合に債務の相続を放棄できる制度のことです。

相続放棄を行うためには、裁判所での手続きが必要となります。

原則として、「相続人であると知ったとき」から3ヶ月以内に相続放棄をする必要があるため、早めに行動することが望ましいです。

早めに手続きをしておかなければ、他の相続人に迷惑をかけたり、手続きが煩雑になったりしてしまいます。

自分が相続人となりうる人が亡くなった場合には、プラスの遺産とマイナスの遺産を調べ、相続放棄を行うべきか早めに検討をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。