相続放棄を考えている場合にしてはいけないことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被相続人が遺す財産には、借金などのマイナスの遺産もあります。

預貯金などのプラスの遺産だけでなく、借金など負の遺産も受け継ぐことを、単純承認と言い、通常の相続にあたります。
また、相続したマイナスの遺産(借金など)をプラスの遺産(預貯金など)で返済し、残りの財産を受け継ぐことを限定承認と言います。

さらに、借金の額が多い場合などは、所定の手続きを取ることで相続放棄をすることができます。
ただし、相続放棄をすると借金などマイナスの遺産だけでなく、預貯金などのプラスの遺産についても相続をすることはできません。

【相続放棄ができなくなる場合も】してはいけないことは?

相続放棄は、「自分が相続人であること」を知ってから3ヶ月以内に手続きが必要となります。
それを過ぎると、原則として相続放棄は認められません。

また、被相続人の財産を相続したとみなされる行為を行うと、相続放棄は認められなくなります。

例えば、被相続人が所有していた不動産を売却したり、被相続人名義の預貯金口座を解約して払い戻しを行ったりすると、遺産を相続(単純承認)したとみなされ、負債についても相続する必要が出てきます。

また、「形見分け」を行う場合にも注意が必要です。
毛皮のコートなど、価値が高いもののほとんどを自宅に持ち帰ると、遺産を相続したとみなされる場合があります。

被相続人の財産で葬儀費用を支払うと、相続放棄はできなくなるのか

被相続人の財産に手を付けてしまうと、「遺産を相続した」とみなされ、相続放棄ができなくなります

ただし、被相続人の葬儀費用を、被相続人の財産で行う行為は、相続の単純承認にはあたらない、とされた判例(大阪高裁・昭和54年3月22日)があります。

葬儀費用のみを被相続人の財産で支払っても、相続放棄は可能です。

【まとめ】相続放棄をしたいなら、3ヶ月以内に手続き&遺産に手を付けない

被相続人が、貯金額よりも大きい負債を抱えていた場合には、相続放棄をする方が良いでしょう。
ただし、被相続人の遺産を処分(売却など)してしまうと、相続を単純承認したとみなされてしまいます。

相続放棄の手続きは、3ヶ月以内にする必要があります。また、家庭裁判所で認められなければ、相続放棄の手続きは完了しません。

思わぬ負債を抱えてしまうことにならないよう、相続放棄をしたいなら、早めに手続きをするようにしましょう。
そして、相続放棄ができなくなる事態を防ぐためにも、被相続人の財産には手を付けないでおくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。