相続放棄を司法書士に依頼すると費用はいくらかかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続放棄とは、被相続人が遺した遺産を相続しないということです。

例えば、被相続人が多額の負債を抱えていた場合などは、相続放棄をすることで債務を負う必要がなくなります。

相続放棄が認められるためには、「自分が相続人であると知ったとき」から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをする必要があります。

相続放棄は自分でも手続きできるのか?費用は?

相続放棄の手続きは、自分一人で行うことも可能です。

必要となる書類は、被相続人の戸籍謄本や除籍謄本、住民票、申込人の住民票などで、自分ですべて集める必要があります。

また、家庭裁判所に提出する相続放棄の申述書には、800円分の収入印紙を添付する必要があります。

書類を揃えるのにかかる費用や、収入印紙、切手代などを合わせて、約3,000円ほどの費用がかかるでしょう。

必要となる書類の一覧や、申述書の書き方などは、裁判所のホームページから確認することができます。

相続放棄を司法書士に依頼する場合の費用の相場は?弁護士より安い?

相続放棄の手続きは、司法書士に依頼することも可能です。

司法書士に依頼する場合の費用は、「自分が相続人であると知ったとき」から3ヶ月以内かどうかで変わってきますが、およそ3万円ほどです。

戸籍謄本などを取得する実費や、申述書の作成費用だけでなく、相談料や代行手数料を請求される場合が多いでしょう。

また、相続放棄の手続きは司法書士ではなく弁護士に依頼することもできます。

その場合は、司法書士に依頼するよりも相談料や代行手数料が高くなるため、合計5万円程度の費用がかかるでしょう。

司法書士に依頼することで、比較的安価で相続放棄の手続きを代行してもらうことができます。

【まとめ】相続放棄は自分でもできる!司法書士に相談してみても

マイナスの遺産が多い場合に必要となる相続放棄の手続きは、自分一人で行うことも可能です。

とはいえ、書類を自分で揃えたり、申述書を書くのは手間に感じる方もいるでしょう。

相続放棄の手続きは、司法書士に依頼することもできます。

また、本格的に依頼する前に相談料を支払って相談に乗ってもらうこともできるでしょう。

相続放棄の手続きについて不安がある方は、専門家の司法書士に代行してもらうと安心です。

弁護士よりも安い費用で、相続放棄の手続きを代行してくれるでしょう。

ただし、相談料や代行手数料は司法書士によって異なります。

事前に必ず確認しておきましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。