相続順位

養子縁組をしていた場合での相続順位は

養子縁組とは、血縁関係において親子の関係でない者の間に養子縁組の届出をして親子関係になることです。

また、養子縁組には、普通養子と特別養子があります。

「普通養子」とは、婿養子や再婚で自分の子供を配偶者の養子にする、孫を養子にするような場合のことを言います。

「特別養子」とは、子供が実親から虐待を受けていたり、経済的な理由等で実親が子供を育てることが出来ない場合などで、実親と子供の親子関係を解消して養親とその子供が親子関係になることです。

相続において、これらの養子縁組をした子供が相続人になることは出来るのでしょうか。

また、出来るとしたら相続順位はどうなるのでしょうか。

続きを読む

記名国債の相続順位とその手続き方法とは

記名国債とは、物理的精神的に損傷を受けた戦没者等の遺族や強制引き揚げ者等に対して、慰安金や給付金として交付された国債のことです。

給付を受ける人が限定されているので、譲渡及び担保権の設定等は原則禁止されています。

ただし、記名者が死亡した場合、その記名国債に対して相続は発生します。

相続順位に従って相続人が決まり相続することになりますが、相続するにあたってすることはどのようなことがあるのでしょうか。

続きを読む

被相続人の配偶者の相続順位とその割合は

相続人には、「配偶者相続人」と「血族相続人」に分けることが出来ます。

配偶者相続人とは、被相続人の配偶者、即ち亡くなった方の夫か妻がそれにあたります。

血族相続人とは、亡くなった方と血縁関係にあつた相続人のことで、子供や親、兄弟姉妹の相続人のことです。ここでは、配偶者相続人について説明します。

続きを読む

異母兄弟は相続人になれるのか その場合の順位は

異母兄弟とは、父親が同じで母親が違う場合のことを言います。前妻の子供のこともありますし、内縁関係の人との間に生まれた子供のことでもあります。

また、非嫡出子は婚姻以外で生まれた子供のことを言います。

父親に認知されている場合とされていない場合がありますが、相続に関わった場合、異母兄弟の相続順位がどのようになるのか説明します。

続きを読む

甥や姪が相続人になる場合とは その時の順位は

民法で定められている法定相続人は、被相続人の配偶者と子供又は孫、父母、祖父母、兄弟姉妹又は甥姪までになります。

甥や姪まで相続の順位が来ることはあまりありませんが、相続順位が甥や姪になる場合はあります。

甥や姪が相続人になるにはどんな場合が考えられるのでしょうか。

また、その時にしなければならないことなどはあるのでしょうか。

続きを読む

旧民法が適用されるケースとその相続順位

相続が発生した時、相続人の順位や関係は民法の規定に定められています。

しかし、民法はその時代に沿うように都度改正されます。通常は、現民法が適用されますが、時によって旧民法が適用されるケースがあります。

では、現代において、旧民法が適用される場合とはどんな時なのでしょうか。

続きを読む

相続放棄をした時の相続順位とその関係

身内や親戚が亡くなった時、その人に財産があった場合は「相続」が発生します。法律によって相続の割合や相続順位などが決められていますが、その相続順位とはどのようになっているのでしょう。

また、相続を放棄した時にどのようなことが起きるのか説明します。

続きを読む

配偶者なしで相続順位はどうなる?誰が遺産を受け継ぐのか

亡くなった人(被相続人)に配偶者がいない場合、遺産は以下の順位で相続されることが民法によって定められてます。

第一順位:子(亡くなっている場合は孫、ひ孫)
第二順位:父母(亡くなっている場合は祖父母、曾祖父母)
第三順位:兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子(甥・姪))

上記に当てはまる人がいない場合は、特別縁故者(内縁の妻)などに相続されることとなりますが、それにも当てはまる人がいない場合は、国庫に収納されます。

配偶者なしの場合の具体的な相続のパターンとは?

例えば、被相続人の配偶者が既に亡くなっており、子供が2人いる場合には、遺産は子供2人に2分の1ずつ引継がれます。

被相続人が未婚で、父母がいる場合には、父母が遺産を相続します。

また、被相続人が未婚で、父母や祖父母(さらに曾祖父母も)が亡くなっていて、兄弟が3人いる場合には、兄弟それぞれが3分の1ずつの遺産を相続します。

この場合で、兄弟のうち1人が亡くなっており、子(甥または姪)が生きている場合には、その子が3分の1を相続することになります。

続きを読む