相続順位の優先度〜離婚したら相続権ってどうなる?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産相続で問題となる事案の中に「離婚」に関連するものが存在します。
あなた自身の離婚による遺産相続問題や、直系尊属の離婚により相続順位がわからなくなってしまっているという問題です。
多くの場合、しっかりと相続順位を見直すことで問題解決となるケースばかりですが、稀にイレギュラーな事態が発生しているケースもあるので、落ち着いて状況の把握に徹するようにしてください。

離婚による遺産相続問題

離婚は多くの問題を孕む事案です。離婚をしたのが誰かによっても、遺産相続に様々な影響を与えてしまいます。様々なケースを紹介するので、それぞれ確認していきましょう。

あなたが離婚した場合

あなた自身が離婚した場合、まず「配偶者」の存在がなくなります。
この際、子供などの直系卑属が存在している場合、あなたの遺産に対する相続順位は「直系卑属」が最優先となり、相続割合は100%となります。
直系卑属の存在がない場合、父母や祖父母などの直系尊属に100%の相続権が発生、もしくは兄弟姉妹に100%の相続権が発生することになります。
離婚したのであれば、元配偶者には一切の相続権がなくなります。しかし、親権の問題に関係なく「直系卑属」には最優先の相続順位が与えられることを覚えておきましょう。

更に、実子であればその全ての対象に相続権が与えられます。配偶者との間の実子はもちろん、内縁者との間にできた直系卑属であっても相続権は発生します。
更に、離婚後の女性側である元配偶者に産まれた子供も、血縁関係が証明された場合には相続権が発生します。そのため、離婚後3ヶ月以内に出産した事実がある場合は血縁調査が必要となります。

直系尊属の離婚

ご両親が離婚した場合、直系卑属であるあなたにはどちらの遺産に対しても相続権が発生します。親権者がどちらであっても、ご両親から見たあなたは直系卑属から外れることはありません。
しかし、離婚したご両親が別の配偶者と再婚し、その婚姻生活の中で異父母の兄弟姉妹が存在した場合、相続順位の確定が難しくなります。
実子として兄弟姉妹が増えた場合、相続順位はあなたと同列となります。しかし、連れ子を養子縁組した場合、法定相続順位としてはあなたが優先となります。
ただし、一般的には同居の家族ではないということで、相続放棄を依頼されるケースが多いです。

離婚したときは相続順位を落ち着いて確認しよう

離婚した場合でも、親権に関係なく直系卑属は常に直系尊属の「1親等」となります。
また、直系卑属がどれだけ存在するのかも確認しなければならないのが「離婚」の大きな問題です。
イレギュラーな存在が発生しても、落ち着いて処理することに努めましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。