被相続人に「子供なし」の場合に想定できる相続順位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続が発生した時、民法に沿って法定相続人が確定されます。

もし、被相続人に子供がいなかった場合、相続順位や相続の割合はどのようになるのでしょうか。

◇子供なしの場合の相続順位

被相続人の配偶者は必ず相続人となり、配偶者と配偶者以外の法定相続人とで遺産は分けられます。

相続順位の第一順位は子供になります。

被相続人にもともと子供がいなかった場合の相続順位は、次の順位である被相続人の父母祖父母になります。

また、血縁のない養子であっても相続人となります。

出生前の胎児も相続権はありますが、出生しなければその権利を行使することは出来ません。

相続開始前に子供が死亡していたり、廃除や欠格事由があった場合には、子供の子供、つまり被相続人の孫が相続人になります。

この場合、孫が第一順位となり、相続順位は順に、第二順位被相続人の父母祖父母、第三順位被相続人の兄弟姉妹の順になります。

現民法では、相続する順位はこの兄弟姉妹(代襲相続の場合は甥姪まで)までで、これ以上相続人になる人はいません。

また、子供が健在であっても遺産放棄をしていた場合では孫は代襲相続することが出来ず、第二順位の相続人が相続することになります。

◇子供なしの場合の相続順位に掛かる相続割合

配偶者は常に相続人となるので、第一順位である子供と2分の1ずつ遺産相続します。

子供が数人いる場合は、2分の1の相続分を人数で割って分配します。

子供がもともといない場合の相続割合は、配偶者3分の2、第二順位である被相続人の父母祖父母と3分の1で分けることになります。

この時、父母が健在であれば父母が相続人となります。

父母と祖父がすでに死亡している場合は、祖母が相続人になります。

父母祖父母全てがすでに死亡していた場合では、配偶者と被相続人の兄弟姉妹で、それぞれ4分の3と4分の1の割合で遺産相続します。

また、子供がいても相続開始前に死亡していた場合は、子供の子供である被相続人の孫が相続することになります(代襲相続)。

◇まとめ

被相続人に子供が一人もいない場合の相続順位は、配偶者、父母祖父母、兄弟姉妹の順になります。

子供がいて相続開始時にはすでに死亡している場合では、その子供が代襲相続することとなります。

しかし、子供の子供である孫がいないのであれば、第二順位である被相続人の父母祖父母が相続順位となり、次いで第三順位の兄弟姉妹(代襲相続の場合は甥姪)となっていきます。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。