異母兄弟は相続人になれるのか その場合の順位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異母兄弟とは、父親が同じで母親が違う場合のことを言います。前妻の子供のこともありますし、内縁関係の人との間に生まれた子供のことでもあります。

また、非嫡出子は婚姻以外で生まれた子供のことを言います。

父親に認知されている場合とされていない場合がありますが、相続に関わった場合、異母兄弟の相続順位がどのようになるのか説明します。

◇被相続人の異母兄弟の相続順位

現民法では、兄弟姉妹と異母兄弟に差別はなく、同じ兄弟として相続順位も法定相続分も存在します。

従って、相続順位は第三順位になります。異母兄弟が相続開始前に死亡していた場合も、兄弟の子が代わりに相続出来るように、異母兄弟の子供が代襲相続することが出来ます。

相続割合では配偶者が4分の3、残りの4分の1を兄弟姉妹が相続することになりますが、異母兄弟では血の繋がりが兄弟姉妹と比較して半分であるとされ、相続割合も兄弟姉妹の分に対して半分となります。

◇被相続人の子供と異母兄弟である場合の相続順位

被相続人の子供と異母兄弟の場合、現民法において子供と同じく相続順位は第一順位となります。

この場合でも代襲相続は可能で、異母兄弟が死亡していた時はその子供が相続人となります。

相続割合においても子供と同じです。

配偶者がいる場合は、配偶者2分の1、残りを子供と異母兄弟とで均等に分ける形になります。

配偶者がいない場合では、全ての遺産を子供と異母兄弟とで分割します。

ここで留意することがあります。

異母兄弟が非嫡出子であって、認知をされていない場合は相続権を持つことが出来ません。

そのため、まずは認知をされているかが焦点となります。

認知されている場合は問題なく相続権があり、相続人となることが出来ます。

このような相続の問題はトラブルが起こりやすいので、そのトラブルを避けるひとつの手段として、生前に財産を分割しておくか遺言書を作成しておくという方法もあります。

◇まとめ

被相続人の異母兄弟であっても、相続権があります。

兄弟姉妹の相続順位は第三順位となり、異母兄弟もその順位にあたります。相続割合においては、兄弟姉妹と同等ではなく、兄弟姉妹の半分の割合になります。

被相続人の子供の異母兄弟の場合、認知をされているかいないかによって状況が変わってきます。

認知されていないと相続権を持つことは出来ないので、認知されている場合のみ相続人となることが出来ます。この場合、子供と同じ第一順位であって、相続割合も同じ割合になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。