養子縁組をしていた場合での相続順位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

養子縁組とは、血縁関係において親子の関係でない者の間に養子縁組の届出をして親子関係になることです。

また、養子縁組には、普通養子と特別養子があります。

「普通養子」とは、婿養子や再婚で自分の子供を配偶者の養子にする、孫を養子にするような場合のことを言います。

「特別養子」とは、子供が実親から虐待を受けていたり、経済的な理由等で実親が子供を育てることが出来ない場合などで、実親と子供の親子関係を解消して養親とその子供が親子関係になることです。

相続において、これらの養子縁組をした子供が相続人になることは出来るのでしょうか。

また、出来るとしたら相続順位はどうなるのでしょうか。

◇普通養子縁組の相続順位と相続の重複

相続に関して養子と実子との差別はありません。養子も相続人になります。

相続順位に関しても、実子と同じ順位になります。また、普通養子は、養親の相続人にも実親の相続人にもなることが出来ます。

普通養子では、相続の資格が重複するケースが考えられます。

例えば、被相続人が孫を養子にしていたとします。この場合養子である孫は第一順位相続人となります。

孫の親である被相続人の子供が相続開始前に死亡していたとすると、孫がその子供の代わりに相続人(代襲相続)となり、相続が重複します。

この相続の重複は認められており、相続割合は子供の分と代襲相続をした分が加算されることになります。

ただし、相続人の人数としては重複しません。

◇特別養子縁組の相続順位

特別養子でも、普通養子と同じく実子と同じ順位で相続人になります。

養親の相続人にはなることは出来ますが、親子関係を解消して養親の養子になったので、実親が亡くなってもその相続人になることは出来ません。

養子の代襲相続においては、養子縁組をする前に養子になる人に子供がいた場合において代襲相続は出来ません。

しかし、養子縁組をした後に子供が生まれた場合では、養親とその子供には法定の血縁関係が生じることになるので、養子が亡くなった後に養親が亡くなった場合、養子の子供は養子の代襲相続をすることが出来ます。

◇まとめ

養子には普通養子と特別養子があります。

どちらも変わらず実子と同じ相続順位で相続人となることが出来ます。

留意点として、普通養子では相続資格が重複するケースがありますが、相続の資格が重複しても相続人の人数の重複はありません。

また、代襲相続において、養子の子供が養子縁組の後に生まれた場合には、その子供は養子の代襲相続をすることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。