配偶者なしで相続順位はどうなる?誰が遺産を受け継ぐのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

亡くなった人(被相続人)に配偶者がいない場合、遺産は以下の順位で相続されることが民法によって定められてます。

第一順位:子(亡くなっている場合は孫、ひ孫)
第二順位:父母(亡くなっている場合は祖父母、曾祖父母)
第三順位:兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子(甥・姪))

上記に当てはまる人がいない場合は、特別縁故者(内縁の妻)などに相続されることとなりますが、それにも当てはまる人がいない場合は、国庫に収納されます。

配偶者なしの場合の具体的な相続のパターンとは?

例えば、被相続人の配偶者が既に亡くなっており、子供が2人いる場合には、遺産は子供2人に2分の1ずつ引継がれます。

被相続人が未婚で、父母がいる場合には、父母が遺産を相続します。

また、被相続人が未婚で、父母や祖父母(さらに曾祖父母も)が亡くなっていて、兄弟が3人いる場合には、兄弟それぞれが3分の1ずつの遺産を相続します。

この場合で、兄弟のうち1人が亡くなっており、子(甥または姪)が生きている場合には、その子が3分の1を相続することになります。

生前贈与や遺言書の作成により財産を引継ぐ方法も

配偶者がおらず、その他相続人となりうる人もいない場合には、最終的に遺産は国の財産となってしまいます。

それを防ぐために、生前贈与を検討してもよいでしょう。

1人あたり年間110万円以下の贈与であれば、課税されることもありません。

また、財産を遺したい人が決まっている場合や、残った財産を寄付したい場合などは遺言書を作成しておくという方法もあります。

ただし、内容に不備があると手続きに支障が出るため、公証役場で作成すると安心です。

不安な方は、司法書士や弁護士、行政書士といった法律の専門家に遺言書の作成を依頼することもできますが、その場合は所定の費用がかかります。

まとめ

被相続人に配偶者がいない場合は、子(孫、ひ孫)、父母(祖父母、曾祖父母)、兄弟姉妹(甥・姪)の順位で遺産が相続されることになります。

内縁の妻などは特別縁故者として順位が低くなるため、生前贈与や遺言書の作成をしていない場合には遺産が相続できないケースもあります。

配偶者がいない場合は、甥や姪といった3親等以上離れた親族に遺産が相続される場合もあり、相続人を特定するのが難しくなります。

遺産の額が大きい場合には、相続の手続きをスムーズにしてもらうためにも、生前贈与や遺言書作成といった方法も検討するとよいでしょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。