法定相続人の相続順位とは?相続人は配偶者と子だけではない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亡くなった人(被相続人)の配偶者はいかなる場合であっても法定相続人となります。

ただし、これは戸籍上の配偶者を指しており、内縁の妻や同性のパートナーは法定相続人ではありません。

その他の法定相続人については、以下の通り相続順位が民法によって定められています。

第一順位:子(亡くなっている場合は孫、ひ孫)
第二順位:父母(亡くなっている場合は祖父母、曾祖父母)
第三順位:兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子(甥・姪))

例えば、配偶者と子2人が相続人となる場合は、配偶者が遺産の2分の1を相続し、子2人がそれぞれ4分の1ずつ相続します。

配偶者と父母が相続人となる場合は配偶者が3分の2を相続し、父母がそれぞれ6分の1ずつ相続します。

配偶者と被相続人の兄が相続人となる場合には、配偶者が4分の3、兄が4分の1を相続します。

以上のように、法定相続分の割合は、相続順位が低くなるほど少なくなります。

相続順位に注意が必要なケースは?

被相続人が再婚をしており、前妻との間に子がいて、後妻との間に子がいない場合には、後妻と前妻の間の子がそれぞれ2分の1ずつ遺産を相続します。

被相続人との親子関係が認められていれば、前妻との間の子や非嫡出子であっても、相続人となることができます。

また、養子縁組をした場合においても、第一順位で相続人となることが認められています。

ただし、実親との親子関係を解消して特別養子縁組を結んだ場合には、実親が亡くなっても遺産を相続することはできなくなります。

遺言がある場合、相続順位はどうなるのか?

原則として遺産の相続は、民法によって定められた相続順位および割合で行われます。

しかし、遺言により法定相続人以外への相続が認められることもあります。

例えば、内縁関係の妻に遺産の全額を受け継ぐことができたり、特定の団体に全額を寄付することも可能です。

ただし、法定相続人には民法上定められている割合(遺留分)に相当する額を請求する権利があります。

まとめ

配偶者はいかなる場合も法定相続人となり、それ以外の人については子(亡くなっている場合は孫、ひ孫)、父母(亡くなっている場合は祖父母、曾祖父母)、兄弟姉妹(亡くなっている場合は甥・姪)という相続順位になっています。

内縁の妻や、婚姻関係を解消した前妻には相続の権利はありません。

また、遺言の記載によっては法定相続人以外に遺産が受け継がれる場合がありますが、法定相続人には遺留分を請求する権利があり、最低限の額は法律によって保障されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。