相続人が取得できる遺産とは?遺留分について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被相続人が遺言書を残したことにより、相続人であるにもかかわらず取得できる遺産を貰うことができなかった場合にその遺産を取り返すことができることをご存知でしょうか?

法定相続人が取得できる遺産を「遺留分」といいます。

遺言書が残されていると、遺言内容を実現する義務があるので、法定相続よりも遺言書が強くなってしまうのです。

ただ、法定相続人の権利も保護できるため、遺留分は法律にて定められているのです。

「遺留分侵害額請求とは」

遺留分とは法定相続人が取得できる遺産と説明しましたが、法定相続人でも基本的に遺留分が認められるのは、配偶者(妻や夫)、子ども、親です。

この法定相続人は遺留分権利者になります。

法定相続人であっても、兄弟や姉妹は配偶者や子ども、親に比べて繋がりが薄いと考えられるため、遺留分は認められません。

また、遺産のほとんどを特定の人物に譲るといった遺言書を残された場合は遺留分権利者が侵害額を請求し、相続財産を最低限取り返すことを「遺留分侵害額請求」といいます。

遺留分権利者には相続財産を受け取る権利がありますので、自分が受け取る財産が少ないとなった場合に遺留分侵害額請求をすることが出来ます。

基本的に法定相続人が法定相続どおり遺産を相続します。

遺留分侵害額請求の権利を得るには、相続人の確定をし、自分の遺留分額を簡単に計算しましょう。

「遺留分には期限がある?損のない遺産相続」

遺留分は何年経っても請求ができるというわけではありません。

きちんと期限が定められています。遺留分や遺留分侵害額請求は請求が出来ると知ってから1年が期限です。

または、相続開始から10年以内という期限が決められています。

ただ、遺留分侵害額請求を一度してしまえば、1年や10年以内といった時効が止まります。

期限が関係なくなりますので止まった時効が再開されることもないのです。

もし、遺留分侵害額請求を考えているのであればなるべく早めに請求するのが良いと思います。

この遺留分侵害額請求の時効を止めるには、意思表示を示せば止められます。細かな手続きなどは不要です。

遺産相続のトラブルの原因にもなりやすい遺留分問題は、弁護士に相談するのがベストでしょう。

弁護士に相談した方が成功しやすいのもあります。

まとめ

やはり多くトラブルが起こりやすい遺産相続問題ですが、遺言書を残される場合は残された相続人のトラブル回避のためにも、遺留分というルールを理解したうえで遺言書を作成するといいかもしれません。

様々なルールによって遺産相続は行われますが、ただでさえ手続きが多いのでできる限りのトラブルは避けたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。