遺留分はなぜ兄弟や姉妹は認められない?遺産を受け取れる相続人の優先順位とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺留分を認められている相続人と、認められていない相続人が存在しますが、その違いと何を基準に相続人の優先順位が決められているのか、疑問に思っている人もいるかと思います。

特に、被相続人の兄弟や姉妹は近い存在に感じがちだがなぜ遺留分として認められていないのか?

相続人の優先順位などを理解しておくと、遺産相続トラブルを防げるかもしれません。

「遺産相続では兄弟姉妹の遺留分は認められていない」

遺留分は民法の規定によるものです。

その遺留分が認められている法定相続人とは、基本的に被相続人から見て繋がりが濃いことを基準に法定相続人が決められています。

具体的には、夫や妻などの配偶者や子ども、親や祖父母などの直系尊属や孫が遺留分を請求できる権利を持っています。

稀に、被相続人に愛人がいたというケースがあります。

その場合、愛人は法定相続人にはなりませんが、もし愛人と被相続人の間に子どもがいたとすると、被相続人と子どもは血が繋がっているので、愛人の子どもであっても遺留分は認められているのです。

「兄弟や姉妹も遺産を受け取れる方法とは」

遺留分が認められていない相続人は、主に被相続人の兄弟や姉妹です。

その他に、問題を起こしたとされる相続欠格、被相続人の意思で相続権を失った相続排除、自ら相続権を放棄した相続放棄なども遺留分は認められていません。

相続人には、優先順位というものがあります。

配属者は常に相続人なので配偶者を除いて、1番目は被相続人の子どもや孫、2番目は被相続人の親や祖父母、3番目は被相続人の兄弟や姉妹という優先順位になるため、相続順位が1番下である兄弟や姉妹は相続関係が薄いため遺留分が認められてないのです。

また、被相続人に子どもや孫、両親などの相続順位が上の相続人がいる場合、兄弟や姉妹は法定相続人にも入らないとされています。

この相続人の優先順位というのは、血の繋がりの濃さで決まります。

ただ、法定相続分よりも遺言書が優先されるため、被相続人が遺言書に兄弟や姉妹に遺産が渡るよう遺言書を作成しているのであれば、兄弟や姉妹にも遺産が渡ります。

理想的かつ、平等な遺産相続をするためには、遺言書が全て優先されることが良いとも限らないのです。

その内容が不平等であり遺留分侵害額請求をできるような内容であった場合には、遺言書より遺留分が優先されます。

遺留分などの平等かつ相続人の権利を保護するといった、さまざまな制度があることを知っていると遺産相続の際に損することを防げるかと思います。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。