相続順位

配偶者なしで相続順位はどうなる?誰が遺産を受け継ぐのか

亡くなった人(被相続人)に配偶者がいない場合、遺産は以下の順位で相続されることが民法によって定められてます。

第一順位:子(亡くなっている場合は孫、ひ孫)
第二順位:父母(亡くなっている場合は祖父母、曾祖父母)
第三順位:兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子(甥・姪))

上記に当てはまる人がいない場合は、特別縁故者(内縁の妻)などに相続されることとなりますが、それにも当てはまる人がいない場合は、国庫に収納されます。

配偶者なしの場合の具体的な相続のパターンとは?

例えば、被相続人の配偶者が既に亡くなっており、子供が2人いる場合には、遺産は子供2人に2分の1ずつ引継がれます。

被相続人が未婚で、父母がいる場合には、父母が遺産を相続します。

また、被相続人が未婚で、父母や祖父母(さらに曾祖父母も)が亡くなっていて、兄弟が3人いる場合には、兄弟それぞれが3分の1ずつの遺産を相続します。

この場合で、兄弟のうち1人が亡くなっており、子(甥または姪)が生きている場合には、その子が3分の1を相続することになります。

続きを読む

法定相続人の相続順位とは?相続人は配偶者と子だけではない?

亡くなった人(被相続人)の配偶者はいかなる場合であっても法定相続人となります。

ただし、これは戸籍上の配偶者を指しており、内縁の妻や同性のパートナーは法定相続人ではありません。

その他の法定相続人については、以下の通り相続順位が民法によって定められています。

第一順位:子(亡くなっている場合は孫、ひ孫)
第二順位:父母(亡くなっている場合は祖父母、曾祖父母)
第三順位:兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子(甥・姪))

例えば、配偶者と子2人が相続人となる場合は、配偶者が遺産の2分の1を相続し、子2人がそれぞれ4分の1ずつ相続します。

配偶者と父母が相続人となる場合は配偶者が3分の2を相続し、父母がそれぞれ6分の1ずつ相続します。

配偶者と被相続人の兄が相続人となる場合には、配偶者が4分の3、兄が4分の1を相続します。

以上のように、法定相続分の割合は、相続順位が低くなるほど少なくなります。

続きを読む

相続順位の優先度〜独身時の相続事情〜

遺産相続には「相続順位」が存在します。しかし、独身のまま亡くなり遺産発生してしまった場合、遺された者にとっては処理しなければならない事案となります。
配偶者や直系卑属がいない場合の遺産の流れを理解して、親族や自分自身の備えをしましょう。
続きを読む

相続順位の優先度〜離婚したら相続権ってどうなる?〜

遺産相続で問題となる事案の中に「離婚」に関連するものが存在します。
あなた自身の離婚による遺産相続問題や、直系尊属の離婚により相続順位がわからなくなってしまっているという問題です。
多くの場合、しっかりと相続順位を見直すことで問題解決となるケースばかりですが、稀にイレギュラーな事態が発生しているケースもあるので、落ち着いて状況の把握に徹するようにしてください。
続きを読む

相続順位の優先度〜いとこって何親等?〜

相続という手続きの中で、あなたから見て「いとこ」とは直系尊属の兄弟姉妹の元に生まれた直系卑属です。
ややこしい言い方になりますが、おじさん・おばさんの子供という近い存在になります。

しかし、いとこに対する相続順位はとても低く、どんなに仲良く過ごしていたとしても、祖父母にも劣る存在なのです。
続きを読む