相続手続き

民事信託を司法書士や弁護士からサポートを受けた場合に報酬は発生するのか

民事信託は、弁護士などの専門家でなければ、信用できる家族や親族、または法人が受託者になることができます。

基本的に1番信用できる家族などが受託者になるケースが多いため、このことから民事信託は「家族信託」とも呼ばれているのです。

ですが、民事信託に専門知識を持っていない家族が、受託者になるのはあまり現実的ではないとの話もあります。

続きを読む

民事信託の受託者には法人を選ぶことも可能なのか

民事信託は、生前に財産管理や遺産承継を家族などに任せることを指します。

その受託者は、専門家はなることは基本的にできませんが、法人が受託者になることはできるのです。

なので、家族に誰も受託者がいないなどといった場合であっても法人を受託者にするという手段もあるのです。

続きを読む

生前から財産管理を備えることができる民事信託について。受託者には報酬が発生するのか

財産を所有している者が高齢で、死後にその財産の管理をどうするか、または誰に財産の管理をお願いするかなど、高齢に伴いその後を考える方、またはその家族もいるかと思います。

もし、財産の管理について考えているのであれば、そのひとつの手段として「民事信託」という手段をおすすめします。

続きを読む

税務調査の時期や理由について知ろう

相続税に関する税務調査。

そう聞くと映画やドラマのように一度に多くの職員が押し寄せてくる、そんなイメージをお持ちの方も多いようです。

しかし、基本的に調査というものは任意ですのでこうしたことはありません。

しかし実際に税務調査というものは行われています。では、その時期やタイミングはあるのでしょうか。

続きを読む

相続財産の寄付は非課税や控除の対象になることも

相続人もしくは遺言などで財産の寄付を希望しているということもあるでしょう。

そのような際、一般的な相続税とはまた異なった「寄付金控除」「譲渡所得税」などがあるのです。

これからのためにもそして寄付を検討しているという方もこれらガイドラインなどについて知っておくのが良いでしょう。

続きを読む

相続税の申告は自分で行えるのか

相続税という言葉の響きだけでどこか「難しい」「自分では無理だ」といった印象を抱く方も少なくないようです。

とはいえ、その一方で自分で申告ができないかと考えている方もまたおいでなのです。

では、果たして相続税は自分で申告をすることが可能なのでしょうか。

続きを読む

相続税の連帯納付義務制度とは

相続税は相続人が支払うものであるという認識が大半です。

もちろんそれに間違いはないのですが、時に税務署から相続人でもないのに支払いを求められて驚いてしまうということもあるのです。

それは「連帯納付義務」という制度にのっとった請求である可能性があります。

だからこそ、連帯納付義務に対する基本的知識は重要なのです。

続きを読む

資産1億円以上ともなる方の相続税対策

相続税は相続する資産に基づいて算出されています。

ですので、資産額が高くなるほどに相続税も高くなるというわけです。

資産額が大きいとなると心配だ・不安だという声があがってきますので、資産が大きい場合の相続税対策などについて考える必要があります。

続きを読む

相続税の申告と納付期限はしっかり守ろう

相続税には申告と納税に対する期限があります。

それを守らないと場合によっては法に抵触・条例などに違反をしたとみなされることもありますので必ず知っておきたい部分ともいえるでしょう。

そして、期限の詳細について確認することが大切です。

続きを読む