相続手続き

配偶者死亡の場合の相続順位はどうなる?

亡くなった人(被相続人)の遺産は、民法で定められた法定相続人に相続されます。
法定相続人となることができる順位を相続順位といい、第一順位から第三順位まで定められていますが、配偶者については相続順位に関係なく法定相続人となる権利が認められています。
ただし、法定相続人となることができるのは戸籍上の配偶者のみで、内縁関係の妻や同性のパートナーは法定相続人となることはできません。

配偶者が死亡している場合、第一順位は子

被相続人の配偶者が死亡している場合は、民法で定められた相続順位によって法定相続人が決まります。

第一順位は子、孫といった直系卑属で、第二順位が父母、祖父母といった直系尊属です。

直系卑属および直系尊属にあたる人が1人もいない場合には、第三順位である兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子である甥・姪)が法定相続人となります。

例えば、配偶者が死亡していて子が1人いる場合には、遺産はその子1人に100%相続されます。

また、配偶者が死亡していて子や孫がおらず、父母が2人とも生きている場合には、父母それぞれに2分の1ずつが相続されます。父母のうち1人が亡くなっている場合は、もう1人に100%相続されます。
続きを読む

白紙委任状で遺産整理などのトラブルにならないために

遺産整理業務について、誰かに代行をお願いする場合に、必ず締結するのが委任状です。

ただし、この委任状を「白紙」状態で締結したために、泣き寝入りせざるをえなかったケースが最近増えてきています。

委任状を取り交わした後に訴えても、もはや時遅し…。

そんなことにならないためには、代行をお願いする側も、しっかり法的リテラシーを知って備えておくことが大切です。

続きを読む

違いがよくわからない?民事信託と家族信託

民事信託と家族信託の違いがよくわからないという話をよく聞きます。

まず、「信託」とは何かを知っておくことが大切です。一般的に、信託とは財産を信頼できる人に託すことを指し、本人が決定した目的に沿って本人のために管理・運用してもらうことです。

つまり、お金の管理や運用を、信頼のできる誰かに代わりにおこなってもらうことになります。

信託の目的は、資産運用、資産管理、資産継承といったものがあげられます。

そのため、個人の財産を守り運用するために、多くの人が活用しています。

信託のメリットとしては、さまざまなかたちの大切な財産を安全に守ることができる点でしょう。

金銭のみならず、有価証券なども預かってもらうことができます。

また、贈与税が非課税となる信託もあるようなので、気になる方はチェックしてみましょう。

続きを読む

一般社団法人の民事信託でできること

民事信託の需要が高まるにつれ、民事信託についての専門家間での連携が進み、一般社団法人として活動をしている団体が増えてきています。

信託はさまざまな場面で活用でき、将来の心配や不安に備えて活用するにあたっては、複数の専門家による支援が必須です。

例えば、一般社団法人民事信託推進センターや一般社団法人民事信託協会などがあります。

ここでは、民事信託でどんな備えができるのかなどをみていきましょう。

続きを読む

民事信託の基礎と実務を学びたい人のために

近年、信託法の改正により、さまざまな専門家が民事信託についての知識や実務を学びたいというニーズが高まっています。

そのため、民事信託の基礎と実務をまとめた本がたくさん出版されています。

例えば、東京弁護士会がまとめた『民事信託の基礎と実務』は最もポピュラーな一冊といえるでしょう。

そのほかにも、民事信託推進センターがまとめた『民事信託実務ハンドブック』なども使いやすい一冊といえます。

また、民事信託をめぐるトラブルについて書かれている『危ない民事信託の見分け方』なども読んでおくとよい一冊といえます。

続きを読む

民事信託活用支援機構とは

民事信託活用支援機構という名前を聞いたことがあるでしょうか。

2015年に、一般社団法人民事信託活用支援機構が日本でも設立されました。

この機構ができた背景には、日本社会で進む高齢化の波が大きな要因としてあります。

それにともない、事業継承や資産の相続といった信託が喫緊の課題として浮上しています。

欧米では、信託に際しては信託銀行や商事信託が発達しており、家族信託についても民事信託として各専門家と連携して進められています。

しかし日本では、まだまだ信託についてのリテラシーは発展途上でもあり、相続や事業継承をめぐって家族間でのトラブルや揉め事が多く生じています。

こうした状況を鑑み、家族信託にかかわる各専門家、弁護士や司法書士、税理士や会計士などによるコンサルティングや支援、また、専門家間での信託についての知識提供や支援といったことを目的に、設立されました。

続きを読む

自分で遺産の相続手続きをする大変さ

自分だけで遺産相続の手続きは大変です。

突然相続が発生したので速やかに遺産の相続手続きを済ませたいが、司法書士や弁護士に依頼するお金はない…。少しでも費用を節約する為に自分で遺産の相続手続きをしようと考える人がいるかもしれません。

続きを読む

自分で相続税の手続きをする方法

まず初めに相続税の手続きは自分でできます

相続が発生すると、10ヶ月以内に相続税の申告をしなければいけません。期限を過ぎてしまうと、延滞税や無申告加算税など余分な税金の支払いが発生してしまいます。

税金のことはよくわからないから税理士に頼む人が多くいますが、相続税の申告は自分でもできてしまいます。税理士に依頼すると、どうしても税理士への報酬として費用が必要となります。

続きを読む

遺産の相続手続きを勝手に行うとどうなるのか

相続発生後すぐに遺産分割協議を行いたいのだが、一部の共同相続人と音信不通で連絡が取れない…。急に被相続者が亡くなったことでこのような事態に巻き込まれてしまう人もいるでしょう。

相続人全員で遺産の分割割合や分割方法について協議する遺産分割協議は、一部の共同相続人が参加していない場合は無効になってしまいます。

続きを読む

相続手続きをしなかったらどうなる?

法律上、人が亡くなると自動的に相続が始まります。しかし相続には手続きが必要とされていて、手続きごとに相続開始からいつまでに手続きしなければならないという期限が設けられています。

家族が亡くなったばかりで気持ちが落ち着かないという人が多いでしょうが、相続開始後期限内に相続手続きをしておかなければいけません。

続きを読む