遺産相続時に夫と妻の財産の受け取り方で気をつける点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

配偶者が亡くなり、遺産を相続するというのはよくあることです。

では、夫が亡くなった場合と妻が亡くなった場合とでは、遺産相続の方法などに違いがあるのでしょうか?

・財産の一次相続と二次相続

配偶者が亡くなった時に財産を相続する場合、一次相続と二次相続というものについて考える必要があります。

一次相続とは、子供から見た親のどちらかが亡くなった時に、残された配偶者と子供が相続人となることを言います。

これに対して二次相続とは、一次相続の後に残された配偶者、つまり子供から見る残された親が亡くなった時に子供が相続人となることを言います。

もしも配偶者が亡くなった場合、子供の負担のことも考えて、一次相続と二次相続についてきちんと理解した上で考える必要があります。

・配偶者控除は夫と妻どちらでも同じ

配偶者が亡くなりその遺産を相続する時に、配偶者控除というものがあります。

これは、配偶者が残した財産の金額が1億6000万円以内か配偶者の法定相続分相当額である場合に適用される制度です。

ちなみに、法定相続分とは、民法の規定で決められている相続分のことで、相続人が配偶者だけの場合は100%を配偶者が受け取り、相続人が配偶者と亡くなった人物の子供である場合は、配偶者と子供が二分の一ずつ受け取れるというように、相続人の人数と関係性によって決まってきます。

一次相続には、遺産を相続する配偶者のための配偶者控除が適用されますが、子供が遺産を相続する二次相続には配偶者控除がありません。

・その後の生活のことを考えた遺産相続

たとえば夫が先に亡くなった場合、妻のその後の生活のことを考えて妻が多くの財産を相続することになったとします。

この場合、配偶者控除が適用される額であれば、妻は相続税をそれほど支払う必要がありません。

ただ、夫が亡くなって短期間で妻が亡くなってしまった場合、子供が受け取る財産が多くなり、しかも配偶者控除が適用されないため、かなりの額の相続税を負担することになる可能性が出てくるのです。

反対に妻が先に亡くなり、夫がその後生活していけるだけの財産を所有している場合、妻の財産は子供が相続した方が、二次相続の時に夫(父親)の分の財産だけを相続することになるため、先々二次相続で悩むことが少ないこともあります。

このように、配偶者のどちらが先に亡くなったか、どちらがどれぐらいの財産を残しているかで、子供にかかる負担が大きく違ってきます。

遺産相続を考える時には、一次相続と二次相続のことを頭に入れ、長い目で考えるようにしましょう。(2020年現在)

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。