遺産分割協議書と遺産分割協議証明書について(法務局に提出する場合とは)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

遺産の分割を複数の相続人で行う場合は、相続人同士での話し合いが行われます。

その相続の内容に間違いがないか対外的に証明するためには文章で協議の内容を残す必要があります。

【遺産分割協議と遺産分割協議書について】

遺産の相続を相続人同士が相談して分けることになった際に行われるのが遺産分割協議です。

この協議を行う場合、法的な条件などはありませんが、必ず相続人全員が参加している場で行われる必要があります。

また、相続人に未成年がいる時は、その代理人の参加も必須となるため注意が必要です。

もし相続人が1人でもかけた状態で協議を行った場合、その協議結果は無効になります。

また、この協議の結果をまとめて記した書類のことを遺産分割協議書といいます。

遺産分割協議書を作成することで、対外的にも遺産協議の内容を証明できます。

遺産分割協議書には様式に決まりはないため、手書きで作成してもパソコンも問題はありませんが、無効にならない遺産分割協議書の作成には相続人全員の署名捺印が必須となります。

より信頼性を高めるために、可能な限り実印を押してもらう方が安心です。

【遺産分割協議証明書について】

遺産分割協議証明書とは遺産分割協議書と同じように、遺産分割協議の結果を書面に記したものです。

どちらの書類も文書としての効力は同じですが、書面の署名押印の仕方が異なります。

遺産分割協議書は相続人全員の署名押印が必須なのに対し、遺産分割協議証明書は相続人1人ずつが自分用の書面に署名押印します。

その性質上、遺産分割協議証明書は相続人の人数が多かったり、それぞれが遠方に住んでいて一度に署名押印を集められない場合に便利な書類とされていますが、遺産相続の手続きには相続人全員分の証明書が揃っている必要があります。

【遺産分割協議書と遺産分割協議証明書の提出先】

基本的に、作成した遺産分割協議書や遺産分割協議証明書は遺産手続きの際に、金融機関や税務署等に提出します。

その他にも、遺産として不動産を受け継いだ時に、その不動産の名義を変更する場合は、その不動産を管轄する法務局へも提出する必要があります。

相続登記は自分で行うこともできますが、司法書士に依頼するのが一般的です。

各機関へ提出が終わった遺産分割協議書や遺産分割協議証明書は個人個人で大切に保管する必要があります。

後々に何か問題が起きた際にはこれらの証明書が必要になってくるため、なくさないように気をつけましょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。