配偶者死亡の場合の相続順位はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亡くなった人(被相続人)の遺産は、民法で定められた法定相続人に相続されます。
法定相続人となることができる順位を相続順位といい、第一順位から第三順位まで定められていますが、配偶者については相続順位に関係なく法定相続人となる権利が認められています。
ただし、法定相続人となることができるのは戸籍上の配偶者のみで、内縁関係の妻や同性のパートナーは法定相続人となることはできません。

配偶者が死亡している場合、第一順位は子

被相続人の配偶者が死亡している場合は、民法で定められた相続順位によって法定相続人が決まります。

第一順位は子、孫といった直系卑属で、第二順位が父母、祖父母といった直系尊属です。

直系卑属および直系尊属にあたる人が1人もいない場合には、第三順位である兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子である甥・姪)が法定相続人となります。

例えば、配偶者が死亡していて子が1人いる場合には、遺産はその子1人に100%相続されます。

また、配偶者が死亡していて子や孫がおらず、父母が2人とも生きている場合には、父母それぞれに2分の1ずつが相続されます。父母のうち1人が亡くなっている場合は、もう1人に100%相続されます。

相続順位に当てはまる人がいない場合は?

被相続人の配偶者が死亡しており、第一順位から第三順位にあたる人も一人もいないという場合には、特別縁故者が遺産を相続することができます。

特別縁故者とは、内縁の妻などの生計を共にしていた人や、献身的に介護、看護してきた人などです。

家庭裁判所で特別縁故者だと認められれば、戸籍上の関係がなくとも、遺産を相続する権利が与えられます。

また、特別縁故者もいない場合は、被相続人の遺産は国庫へ収納されます

まとめ

被相続人の配偶者が死亡している場合は、民法で定められた相続順位に基づいて法定相続人が決まります。

第一順位は子、孫といった直系卑属、第二順位が父母、祖父母といった直系尊属で、第三十位が兄弟姉妹(亡くなっている場合は甥・姪)です。

上位の人が亡くなっている場合や、相続放棄をした場合は、下位の人に相続の権利が移っていきます。

第一順位である子と、第二順位である父母が同時に法定相続人となることはありません。

被相続人に遺産を相続すべき親族がいない場合は、特別縁故者と認められた人が遺産を相続することがあります。

また、特別縁故者もいない場合には、最終的に遺産は国庫に収納され、国の財産となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。