相続の手続きを司法書士に頼まなかった場合にかかる費用

相続が発生してから早めに相続の手続きをするべきですが、司法書士に依頼すると相場として約6~9万円の司法書士の報酬費用が必要となります。

なるべくお金をかけずに相続の手続きを済ませたいという場合は、自分で相続の手続きをしてしまうと費用を節約できます。

今回は自分で相続手続きを行った場合についてご紹介します。

相続に不安がある、専門家へ相談したいという方はこちらの記事が参考になります。
相続の相談はどこにする?弁護士・税理士・司法書士の正しい選び方

相続の手続きは司法書士に依頼しなくても良い

戸籍を集めたりさまざまな申請をしたりと面倒な作業が多いので時間はかかってしまいますが、基本的な相続手続きであれば自分で行っても問題ありません

書類集めや申請作業で利用する役所や法務局の営業時間が平日のみなので、平日に時間が取れる人は自分で相続の手続きができます。ただし遺産の権利関係が複雑な場合は法律の知識を持った人の力が必要な場合があります。

相続人が配偶者や子供のみの場合は複雑な権利関係はありませんが、兄弟間の相続や代襲相続、複雑な遺産分割協議を行いたい場合などは司法書士もしくは法律に詳しい人の力を借りる必要があります。

この判断が難しい場合は、法務局の窓口で相談をしてみましょう。

何をしたらよく分からない場合は、無料相談サービスを利用するのも良いと思います。

自分で相続登記を行う場合の手順

相続登記手続きの流れについてご紹介します。

まずは相続の対象となっている不動産を調査し、登記事項証明書を取得します。登記事項証明書は土地であれば地番、建物であれば家屋番号がわかれば全国どの法務局でも取得できます。

次に遺言書を確認し、なければ法定相続人全員の手続きをします。被相続者の本籍地で戸籍謄本、住民票、評価証明書などの書類を集めます。集めた書類を元に相続登記申請書類を作成します。

最後に法務局に相続登記を申請します。

相続登記の申請は、登記する不動産があるエリアを管轄している法務局でないと申請できません。また登記申請の際には登録免許税を納付しなければいけないので、収入印紙を使って納付します。

相続登記の手続きにかかる費用

司法書士に依頼しなかった場合でも、相続登記の手続きそのものにかかる費用は発生します。

登記事項証明書の発行に1通およそ600円、戸籍、住民票、評価証明書代で合計数千円程度、登録免許税として固定資産評価額の1000分の4の金額、申請を郵送で行う場合は郵送代も費用として必要となります。

まとめ

相続の手続きは必ず必要な作業です。

しかし相続の発生は突然訪れてしまうことなので、司法書士に依頼するほどの予算がない場合もあるでしょう。

もしもの時の為にある程度の手続きの流れを覚えておくことをおすすめします。

※PVとは閲覧数のことです

弁護士・税理士・司法書士の正しい選び方

下記1つでも当てはまる方に、役立つ内容を記事にまとめました!

  • ●相続の相談を誰にしたら良いか分からない
  • ●弁護士、税理士、司法書士だれに相談すべきか分からない
  • ●相続税の相談はどんな税理士を選んだら良い?
  • ●各専門家はどうやって選んだら良いのか分からない
  • ●相続相談サービスはどれを使うのが良い?

相続の相談を誰にしたら良いのか、選ぶ基準などをまとめています。
専門家選びで失敗する前に参考にして頂ければ幸いです。

記事を読む

SNSでもご購読できます。