相続手続きと郵便局の関係〜ゆうちょ銀行は相続対象〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亡くなった方がゆうちょ銀行に口座を持っていた場合、ゆうちょ銀行についても相続対象となります。
ただし、ゆうちょ銀行は他銀行と異なる部分があるので、必要書類と異なる部分について注意しなければなりません。また、受け取りにもおよそ1ヶ月ほどかかるのでその点も注意が必要です。
以下で詳しく見ていきましょう。

ゆうちょ銀行の相続手続きには「相続確認表」が必須

ゆうちょ銀行の相続手続きをシンプルにまとめると次のようになります。

  1. 相続確認表を提出する
  2. ゆうちょ銀行から提示された必要書類を提出する
  3. 書類の確認が済めば代表相続人の貯金口座へ払い戻し

ゆうちょ銀行独自の必要書類が「相続確認表」です。
相続確認表は、遺言書の有無や被相続人の氏名・生年月日・死亡年月日、代表相続人や相続の第1順位といった情報を記入します。その他にも郵便局に手続きに訪れた人や遺言執行者の情報、相続内容や貯金、被相続人と相続人の関係図といった情報を、全部で3枚にわたって記入する欄があります。
相続確認表は、自作せずともゆうちょ銀行公式サイトにてPDF版がダウンロード可能です。記入する欄は多いですが、揃えるのが難しい情報ではないので手こずる部分ではありません。相続確認表の記載例を見ながら進めていきましょう。

ゆうちょ銀行は、提出された相続確認表を元に「必要書類のご案内」を郵送してきます。相続確認表の内容によって必要書類が異なるので、必要書類のご案内はしっかり確認しなければなりません。
ちなみに、相続確認表の提出から確認書類のご案内が届くまで半月ほどかかることもあるので、焦らず待ちましょう。

必要書類の提出から受け取りまで

ゆうちょ銀行から確認書類のご案内が届いたら、内容を確認して準備に入ります。
ケースによって準備する書類は異なりますが、基本的な必要書類はこちら。

  1. 相続人の戸籍謄本(全員分)
  2. 相続人の印鑑登録証明
  3. 遺言書・遺産分割協議書(ない場合は不要)

ゆうちょ銀行で必要書類の確認が完了後、代表相続人の口座へ払い戻しが行われます。
しかし、書類全ての確認が終了するまで半月以上かかる場合もあるので、書類を提出して即時払い戻しされるわけではありません。

ちなみに、故人名義の貯金の存在、口座があるけれど記号番号が不明だというケースでは、郵便局で「貯金等照会書」を記入し提出することで確認できます。貯金等照会書を提出する際にも、相続人の戸籍謄本などが必要です。

ゆうちょ銀行の口座も相続対象なので手続きを

故人名義のゆうちょ銀行口座がある場合、その口座も相続対象となりますので手続きが必要です。大まかな手続きの流れをチェックしておけば手続きもスムーズになりますし、相続確認表をはじめとする必要書類を漏れなく用意しておけば、1ヶ月前後で払い戻しが行われます。
財産の洗い出しをする際には、ゆうちょ銀行口座の有無も忘れず確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。