時間がかかるけど自分でできる!不動産の相続の手続きで必要な書類とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

親が亡くなると相続の手続きをする必要が出てきます。

特に不動産の手続きは手間がかかるので司法書士に頼む人が多いですが、自分で行う人もいます。

それでは、不動産の相続の手続きにはどのような書類が必要なのでしょうか。

亡くなった親に関する必要書類

まず、親が亡くなった際は親(被相続人)の戸籍謄本が必要となります。

この戸籍謄本は被相続人の出生から死亡までが記載されているものでなくてはなりません。

死亡時の本籍の役所で取得することができますから、親が亡くなったら相続人に誰がいるかを確認するために、早めに準備しておくようにしましょう。

被相続人の書類として住民票の除票や戸籍謄本の附票も必要で、被相続人が最後に住んでいた地域の役所で取得することができます。

除票は本籍の記載されているものを申請するのですが、死亡してから5年を経過すると、除票を発行してもらえないことがあります。

不動産の登記には期限がないので登記をつい後回しにしてしまいがちなのですが、後回しにすると不動産の売却が出来ませんし、また相続人が死亡して利害関係が複雑になることもありますから、親が亡くなったら早めに不動産の相続登記を行うようにしてください。

相続人に関する必要書類

もし遺言がある場合は、遺言書を提出しなければなりません。

また、遺言を執行する人が遺言の中に明記されていない場合は、家庭裁判所で遺言の執行者を指定してもらいます。

この家庭裁判所の指定を表した遺言執行者選任審判書謄本も提出してください。

遺言書がない場合は、相続人たちで相続の内容を話し合って作成する遺産分割協議書が必要となります。

また誰が相続人であるかどうかを明らかにするために、相続人全員の戸籍謄本や、遺産分割協議書の内容に同意しているという意思を証明するために、相続人全員の印鑑証明書も必要です。

不動産に関する必要書類

相続登記で必要ではありませんが、登記簿謄本を持っていたほうが該当する不動産の内容を把握できるので便利です。

また固定資産税を計算するための固定資産評価証明書や、不動産を相続する予定の人の住民票も必要です。

まとめ

不動産の相続の手続きでは、揃えなければならない書類が沢山あります。しかし裏を返せば、必要書類さえ集めれば相続の手続きを終えることができるということです。時間や労力がかかりますが、ゆっくり落ち着いて書類を集めていって不動産の相続の手続きを終えてください。
「2020年現在」

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。