税務調査の時期や理由について知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続税に関する税務調査。

そう聞くと映画やドラマのように一度に多くの職員が押し寄せてくる、そんなイメージをお持ちの方も多いようです。

しかし、基本的に調査というものは任意ですのでこうしたことはありません。

しかし実際に税務調査というものは行われています。では、その時期やタイミングはあるのでしょうか。

調査はいつやってくるのか

相続に関する税務調査はいつがその時期なのかという点ですが、一般的には相続税の申告期限を過ぎたタイミングといえるでしょう。

翌年の8月から11月ないしは翌々年の8月から11月がその目安だとされています。

申告を提出した後にすぐ調査が行われるのではないということがお分かりいただけたかと思います。

「なぜこのタイミングなのだろう」という疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

それは、税務署の都合も大きく関係しているのではともいわれているのです。

7月に人事異動があり調査は1年単位で遂行されます。上記の時期は比較的に余裕が出てくるために腰を据えた調査が行われるからといわれています。

8月から11月以外に調査に入ることはないのか

しっかりと税務調査ができるということで8月から11月が多いと記しました。

では、この時期以外に調査に入られることはないのでしょうか。答えから言えば「この時期以外に入ることもある」といえるでしょう。

たしかに環境という意味ではこの時期が最も調査に入りやすい時期ではありますが、短期間で終わると考えられるものであったり問題点が少ないと判断される調査であれば冬時期に入ることもあるでしょう。

「この時期だから安心だ」ということはないと心得ておきましょう。

相続税の申告と調査について

相続税の税務調査の場合、申告書に「税理士が関与していない」というものに関しては調査対象になることが多いでしょう。

その理由ですが、相続税の申告書というものは「第一表から第十五表」までがあります。

一般人が作成をするとミスが起きやすく申告書に対する信頼度が高くないと判断されてしまうからなのです。

だからこそ、実際には税理士に申告書の作成を依頼する人が多いのです。

まとめ

税務調査に入る時期やその理由について見ていきましたがお分かりいただけたでしょうか。

万が一、調査連絡がありましたら提出した申告書を今一度見返し、状況をしっかりと確認しなおしてみましょう。

もし、通知が届き心配だという方は税理士事務所などに相談をするのも良いでしょう。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。