相続財産の寄付は非課税や控除の対象になることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

相続人もしくは遺言などで財産の寄付を希望しているということもあるでしょう。

そのような際、一般的な相続税とはまた異なった「寄付金控除」「譲渡所得税」などがあるのです。

これからのためにもそして寄付を検討しているという方もこれらガイドラインなどについて知っておくのが良いでしょう。

寄付金控除とは

そのガイドラインについてですが、寄付金控除とは「特定寄付金」というものを支出した際には控除を受けることができます。

国や地方公共団体・公益社団法人や公益財団法人、教育科学の進行や社会福祉などの貢献のためへの寄与など、その範囲がありますので国税庁のホームページなどで確認をしていただくのが良いでしょう。

寄付をした場合には、相続税が非課税となりさらには要件を満たしているのであれば確定申告時に寄付金控除を受けることができるというわけです。

譲渡所得税について

相続などによって財産を取得したものを法人に寄付した際、その寄付財産が「預貯金」「金銭債権」などといった譲渡所得の基因とならないものは譲渡所得税はかかりません。

不動産名や株式の場合には原則として譲渡所得税はかかりません。

ただし、一定の要件を満たした場合には「措置法40条」により非課税になるのです。

もう少し詳しく見ていきましょう。寄付をした先が「個人」である場合には原則として相続税が課税されます。

これは皆さんもご存知の部分でしょう。

その寄付先が「宗教・慈善・学術そのほか公益を目的とする事業を行うもので政令として定めるものが相続や遺贈によって取得した財産で当該公益目的とする事業の用に供することが確実なもの」であれば非課税となります。

これは相続税法第12条1項3号に定められています。条文そのままですと分かりにくいかもしれません。

かみ砕けば社会福祉事業や公益事業の事業者に取得日から2年以内に寄付を受けた財産をその事業に使用していたら非課税になるというわけです。

なお、寄付先が法人であるという場合には原則として相続税は課税されません。相続税は「個人」に対してかかる税金です。

ですので、法人にはかからないのです。

相続税法第1条3には、相続税の納税義務者を個人と限定しているのです。ただ、遺贈で貰った財産は「法人税」はかかります。

まとめ

相続財産の寄付を行うと非課税や控除を受けることができるとお分かりいただけたかと思います。

これら把握が難しいと感じるのであれば専門家である税理士に一度相談をするのもおすすめです。

【管理人おすすめ】相続のことを弁護士、税理士に一括相談できるサービス「相続相談コム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。